今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM7:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2019年10月29日 任意売却・債務整理

任意売却と債務整理の違いは?|札幌の任意売却相談

住み替え

住宅ローンなどの債務の返済に困ったときは「任意売却」という解決方法があります。
しかし、返済や債務で困ったときの解決方法としては「債務整理」という方法もよく耳にするのではないでしょうか。
任意売却と債務整理は具体的に何が違うのでしょう。
札幌で債務に困った場合は、任意売却と債務整理をどのように使いわけたらいいのでしょうか。
札幌で債務の返済に困ったときに使える方法である任意売却と債務整理について、違いや使い分けについて解説します。

札幌の債務返済を解決する任意売却と債務整理は異なる方法である

任意売却と債務整理は、ともに札幌の債務の返済で困っているときに使える方法です。
ただ、任意売却と債務整理は、解決方法に加えて他にいくつもの違いがあります。
札幌で住宅ローンなどの債務に困っている場合は、任意売却と債務整理のどちらの方法が適しているか検討し、より解決法として合っている方を選ぶことが重要です。

任意売却と債務整理には大きく分けて3つの違いがあります。
札幌の住宅ローンなどの債務の相談は、任意売却と債務整理の3つの違いに着目して行うことも大切です。

1.任意売却と債務整理は相談先が異なる
2.任意売却と債務整理は進め方が異なる
3.任意売却と債務整理は使われる範囲が異なる

札幌の債務返済を解決する任意売却と債務整理の違い

任意売却と債務整理の3つの違いについて、より詳しく見ていきましょう。

任意売却と債務整理では、相談先が異なります。
これは、札幌の債務の場合も、他地方の債務の場合も同じです。

任意売却の相談先は主に不動産会社。
弁護士や司法書士に相談してもいいのですが、任意売却は不動産売却の1つの手法なので、どちらに相談しても基本的に不動産会社が介在する流れになります。
債務整理の相談先は弁護士や司法書士です。
なぜ同じ札幌の債務を解決する方法でも相談先が異なるのか。
これは、2つの方法の進め方を見れば理解しやすいはずです。

債務整理は弁護士や司法書士が債務状況を確認し、債務の圧縮や返済猶予の交渉などを行う方法になります。
弁護士や司法書士が法律に則って利息などを再計算し、債権者に対して交渉などの必要な措置を講じるのです。
任意売却は、不動産売却の売却金により債務の残金を返済するのが基本的な解決法になります。

任意売却と債務整理は使われる範囲にも違いがあるのです。
任意売却は住宅ローンの残っている不動産を売却して返済するなど、よく住宅ローン返済の解決に使われます。
債務整理はより広い範囲の債務の解決によく使われるという特徴があるのです。
たくさんのキャッシングやカードローンの返済などで困っている場合などがよく債務整理が使われるケースになります。
札幌で任意売却と債務整理のどちらが解決に向くのかは、ケースバイケースです。

最後に

札幌で債務返済に困っている場合、住宅ローンの状況や他の借り入れなどを総合的に見て判断することが重要です。

当社は士業と連携しています。
債務の状況に応じて最適な解決法の提案が可能です。
札幌で住宅ローンの返済など債務でお困りの場合は、あかり不動産へとご相談ください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM7:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP