今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2021年1月18日 不動産の基礎知識

隣人クレームによる引っ越しの不動産売却に説明義務はあるのか

 

引っ越しによる不動産売却の事情はさまざまです。
転勤による引っ越しで自宅を不動産売却するケースもあれば、
相続などを理由に不動産売却を進めるケースもあります。
中には隣人クレームや隣人トラブルなどを理由に引っ越しするため、
住んでいた家を不動産売却するケースもあるのです。

隣人クレームや隣人トラブルで引っ越すときの不動産売却では、隣人について説明義務を負うのでしょうか。
隣人クレームによる引っ越しで不動産売却する際の説明義務の要否や注意点について解説します。

隣人クレームによる引っ越しで不動産売却するときの説明義務

隣人に子供の泣き声やペットの吠え声がうるさいといわれてトラブルになった。
このような理由から引っ越しをすることがあります。

隣人クレームによる引っ越しをする際は住んでいた戸建が基本的に不要になります。
そもそも隣人クレームによる引っ越しですから、
住んでいた戸建を今後も所有し続けたいとはあまり思わないかもしれません。

隣人クレームや隣人トラブルのあった戸建を手放す代表的な方法は不動産売却です。
不動産売却のときは不動産に関する情報を購入希望者に開示します。
たとえば事故物件などの事情があれば買主が不利益を得るおそれがあり、
買主の購入の判断に与える影響も重大です。
そのため不動産売却の対象になる不動産の情報については買主へ誠実に開示する必要があります。
不動産売却後のトラブルを防ぐためにも不動産売却時の情報開示は重要です。

しかし隣人クレームによる引っ越しの場合に情報開示をしてしまうと、
買主が買い控える可能性があると不安に思うのではないでしょうか。
隣人クレームや隣人トラブルのあった戸建を早く不動産売却するためには
事情を黙っていた方がいいと思うかもしれません。
だからこそ隣人クレームによる引っ越しで不動産売却をする場合に説明義務があるかどうかが問題になります。

隣人クレームでの引っ越しの際の不動産売却では「説明義務を負う場合と負わない場合があり基準が不明確。
しかし誠実な対応と正確な情報提供が望ましい」が結論です。

隣人クレームによる引っ越しと不動産売却の説明義務注意点

隣人クレームによる引っ越しであることを隠して不動産売却した場合は
説明義務を怠ったとして損害賠償などの責任を負う可能性があります。
隣人クレームによる引っ越しの場合、説明義務の有無は不明確です。
なぜならある人にとって良い人、別の人にとってはクレーマーというケースもあるからです。
どこまで説明義務を負うのか実際に裁判などになってみないと判断が難しいのが現実になります。

隣人クレームによる不動産売却で裁判になってしまうと、売主にとっても買主にとってもマイナスです。
時間と労力とお金がかかってしまいます。買主と売主双方のマイナスを防ぐためにも、
情報開示は誠実に行うことが注意点になります。

最後に

隣人クレームが原因の引っ越しや不動産売却の際に説明義務を負うかどうかの基準は不明確です。
自分では判断がつかないという場合はまず不動産会社に相談してみてはいかがでしょう。
不動産売却のお悩み解決はあかり不動産にお任せください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP