今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM7:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2019年10月14日 住み替え・買い替え

住み替えをするなら買取と仲介のどちらを使うべき?

住み替え

住み替えをするときは、「前に住んでいた不動産をどうするか」が問題です。
多くの人は住み替えに際して、前に住んでいた不動産を売却などのかたちで処分することを選択します。
不動産を持ち続けていると、固定資産税や維持管理費用が必要になるからです。

不動産を売却すれば、その売却金を元手に住み替え先の不動産を購入することも可能になります。
住み替えでは不動産売却と不動産の購入をセットでおこなうことも少なくありません。
ただ、不動産売却には「買取」と「仲介」という手法があるため、住み替えに際してどちらの不動産売却方法を選択するかが大きな問題になります。

住み替えの際の不動産売却は「買取」と「仲介」のどちらを使うべきなのでしょうか。
札幌の不動産事情に照らし合わせ、不動産会社視点で解説します。

住み替えで知っておきたい買取と仲介の基礎知識|札幌の不動産買取

不動産売却という言葉から、不動産を売却して売却金を受け取るという流れを想像する人は多いのではないでしょうか。
不動産売却には「売る」というスタート地点から「売却金を受け取る」というゴール地点までに、大きく2つのルートがあります。
その2つのルートこそが、「不動産買取」と「不動産仲介」なのです。
札幌の不動産を売却して住み替えを検討しているときや、札幌内での住み替えを検討しているときも、スタートからゴールまでの流れが2パターンあることは同じになります。
そして、どちらの不動産売却方法を選択するかによって、札幌の住み替えの計画も変わってくるのです。

不動産買取とは、不動産を不動産会社に買取してもらう方法になります。
不動産会社に不動産を売る(買取)という不動産売却方法です。
リサイクルショップの買取システムのようなかたちを想像すればわかりやすいのではないでしょうか。

不動産仲介は、不動産会社を仲介して(間に挟んで)買主を探すという不動産売却方法です。
不動産会社はあくまで仲介者であり、サポート役であるという点が特徴になります。

札幌の住み替えは不動産買取と不動産仲介のどちらを使うべきか

札幌の不動産が含まれる住み替えでは、不動産買取と不動産仲介のどちらを使うべきなのでしょうか。
結論から言うと、札幌の不動産が含まれる住み替えの場合、不動産買取と不動産売却のどちらを選ぶべきかはケースバイケースです。

不動産買取は不動産会社が即座に不動産を買取するため、現金化までのスピードに優れています。
不動産買取の資金を元手にして住み替え先の不動産を調達したときなどにメリットがあるのです。
不動産仲介は、じっくりと買主を探すことができるという点がメリットになります。

要するに、不動産売却金額に妥協しなくて済むということです。
ただ、現金化までの時間は数カ月程度を見なければならないため、住み替え用の資金が必要なときは、慎重に検討する必要がある方法になります。

最後に

札幌の不動産が含まれる住み替えでは、事情に合わせて不動産買取と不動産仲介を使いわけることが重要になります。
どちらの方法が住み替えに向くかはケースバイケースなので、札幌の不動産の立地や住み替え希望の時期などを総合的に考慮して計画を立案する必要があるのです。

住み替えにより不動産買取のご相談は、あかり不動産にお任せください。
豊富な実績から、最適な方法を提案いたします。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM7:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP