今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM7:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2019年7月26日 遺産相続・財産処分

空き家について知っておきたい3つの活用方法

相続不動産 空き家

取得した「相続不動産をどのように活用すればいいか」という相談をよく受けます。
空き家問題や相続問題、少子高齢化がニュースで盛んに取り上げられる時代です。

空き家についてどのような活用法があるか。
空き家についてどのような活用法を選択すべきか。
空き家の相続不動産の活用について悩む人は、今後増えると予想されます。
空き家の相続不動産をどのように活用すべきか。
知っておきたい空き家についての3つの活用方法について解説します。

空き家について知っておきたい3つの活用方法

相続によって意図せず相続不動産を取得してしまうことがあります。
相続不動産によっては、被相続人のみが居住していて、相続によって空き家化してしまうことも。
相続後も相続人が住んでいたが、引っ越しなどによって空き家になることもあります。
相続不動産が空き家になっても、固定資産税や維持費が必要。
要するに、負担が発生し続けるのです。

空き家化した相続不動産の維持が難しくなり、「空き家について何かしなければ」と思った時には、相続不動産はすでにボロボロで活用自体が難しくなっている可能性もあります。
空き家化した相続不動産の活用は、早めに検討しておきたいポイントなのです。

空き家についての活用方法としては、3つ考えられます。
1.相続不動産の売却
2.相続不動産の賃貸
3.相続不動産の管理

知っておきたい空き家についての3つの活用法を解説

空き家になった相続不動産の活用を決める時のポイントは、「今後どうしたいか」というニーズと向き合うこ
とです。
相続人のニーズによって相続不動産の活用方法が変わってきます。
空き家についてのニーズを見すえた上で、3つの活用方法を検討してみてください。

1.相続不動産の売却

空き家化した相続不動産が倒壊したり、風化したりしないうちに、必要な人へと売却する活用方法です。
相続不動産の売却によって固定資産税や維持費の負担がなくなるほか、維持管理の労力も不要になります。

相続不動産に住む予定がない。
維持管理や負担を回避したい。
まとまったお金を手にしたい。
このようなニーズを持つ相続人にあった空き家についての活用方法です。

2.相続不動産の賃貸

相続不動産を人に貸して賃料を得る方法です。
維持管理や税金の負担はありますが、賃料という定期収入を得ることができます。
リフォームやリノベーションを行うなど、工夫が必要になるケースも。

相続不動産を手放さず、運用したい。
定期収入を得たい。
このような相続人のニーズにあった空き家についての活用方法になります。

3.相続不動産の管理

将来的に相続人の居住予定がある。
あるいは、相続人の家族や親族が利用したいというニーズを持っている。
このようなケースでは、維持管理をすることも空き家についての活用方法になります。
将来的な居住が決まっているなら、維持管理をどのように行うか計画を立てて活用しましょう。

最後に

相続した空き家についての主な活用方法は3つあります。
相続不動産の活用方法はニーズにあわせて決めることが重要です。
相続した空き家についての活用計画は、あかり不動産にお任せください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM7:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND

まだデータがありません。

PAGE TOP