今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2020年7月31日 不動産の基礎知識

札幌の不動産売却の所得税・住民税・青色申告の基礎知識

札幌の不動産を売却したときは、所得税や住民税などの税金が課税される可能性もあります。
また、収益があったということで、青色申告などの確定申告を要することもあるのです。
札幌の不動産売却で注意したいポイントのひとつは、住民税などの税金の問題になります。
札幌の不動産売却の税金や青色申告などの手続きについて、あかり不動産が解説します。

札幌の不動産売却で住民税や所得税の課税はあるの?

札幌の不動産を売却したときに住民税や所得税の課税があるのか。
これは、札幌の不動産の売主にとって重要な問題ではないでしょうか。

結論からいうと、札幌の不動産売却で住民税や所得税の課税がある可能性があります。
ただ、札幌の不動産を売却すれば即座に住民税が課税されるわけではありません。
札幌の不動産を売却して利益が出た場合は所得税や住民税の課税があります。

札幌の不動産売却の利益は、不動産売却金額と混同することがあるため注意が必要です。
札幌の不動産が800万円で売却できたら、800万円という不動産売却金額が利益として住民税などの
課税対象になるわけではありません。
取得費や譲渡費用などを引き、最終的に利益が発生していれば住民税などの
課税対象になるのです。
札幌の不動産を売却して利益が出たことを前提にした課税ですから、利益がなければ住民税などの
課税はありません。

なお、札幌の不動産を売却して利益が出て住民税などの課税がある場合は、会社員でも確定申告が必要です。
会社員は原則的に所得税などを申告する確定申告は必要ありません。
これは、会社の源泉徴収や年末調整で税金の手続きができているからです。
しかし札幌の不動産を売却して利益が出た場合は、不動産売却の利益を会社は知りません。
自分で手続きする必要があります。

札幌の不動産を売却したときの青色申告とは?

札幌の不動産を売却したときに確定申告が必要だとします。
確定申告の情報を調べると、白色申告と青色申告という言葉が頻出し、迷ってしまうのではないでしょうか。

青色申告も白色申告も確定申告の種類になります。
青色申告は主に山林所得や不動産所得などがある人が利用する確定申告の種類です。
白色申告より詳しい帳簿を求められる代わりに、白色申告よりも控除が大きいため、
節税効果が期待できるといわれています。

札幌の不動産売却で確定申告が必要か。
所得税や住民税がどのくらい課税されるか。
白色申告や青色申告の違いや使い分けについて。
不動産売却において住民税の課税などは重要な問題です。
だからこそ、以上のようなポイントは、札幌の不動産を売却する段階である程度確認しておくことが重要です。

最後に

札幌の不動産の売却で利益が出れば、基本的に住民税などの税金の課税対象になります。
税金が多く課税されると、せっかくの財産である不動産を売却した資金が少なくなってしまいます。
青色申告などをはじめとして、不動産会社や税理士に税金や税金手続きについて確認しておきましょう。

札幌の不動産売却はあかり不動産にお任せください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP