今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2020年6月8日 不動産の基礎知識

札幌の不動産を知人へ売却するときの進め方

札幌の不動産は最初から不動産会社を通す売却だけでなく、購入希望の知人に売却することも可能です。
土地つきの家や土地そのものの場合、お隣の住人などが購入を希望することはよくあること。
札幌の不動産を売却するときは、近隣住民や知り合いをあたってみることも一つの方法になります。

札幌の不動産を近隣住民や知人へ売却するときは、どのような流れで進めればいいのでしょうか。
注意すべきポイントも合わせて解説します。

札幌の不動産を知人へ売却するときの進め方

札幌の不動産は知人へ売却することも可能です。
隣人や知人へ売却する場合は不動産会社を通さずに行うことも少なくありません。
札幌の不動産を知人へ売却するときの進め方も、基本は不動産会社を通して売却するときとほぼ変わりません。

1.札幌の不動産売却を知人へ持ちかける(あるいは知人から持ちかけられる)
2.知人へ売却条件などを交渉する
3.札幌の不動産の知人への売却についての契約書を作成する
4.売買契約に沿って不動産の引き渡しや代金の支払い

不動産会社が登場しないだけで、基本的な進め方は同じです。

A所有の札幌の不動産の購入を知人に持ちかけ、購入の意思を確認する。
その上で契約書などを作成し、Aから知人へ売却。
Aは売却金を受け取り、知人へ売却したことにより札幌の不動産の所有権を移す。
このような札幌の不動産売却が実際に行われることがあります。

なお、札幌の不動産を知人へ売却する場合も、不動産会社のサポートを受けることが可能です。
札幌の不動産を知人へ売却する際に不動産会社を通した売却もよく行われています。

札幌の不動産を知人へ売却するときの注意点

札幌の不動産を知人へ売却する場合、売却相手が知人という気安さからトラブルが発生することがあります。
札幌の不動産を知人へ売却する際にトラブルを防止するためにはどのようなことに注意したらいいのでしょうか。

注意したいポイントは次の2つです。

・契約書などの作成で手抜きしない

知人へ売却するときは、「知人だから」「仲が良いから大丈夫」などの理由から契約書などをしっかり作成せず、後日トラブルになるケースがあります。
札幌の不動産を知人へ売却する場合も契約書などは作成し、後日のトラブルを防止することが重要です。
契約書は弁護士や司法書士などの専門家に確認してもらうか、不動産売却の条件に沿って作成してもらうことをおすすめします。

・住宅ローンの利用について

札幌の不動産の知人への売却などでは、住宅ローンが利用できないケースが少なくありません。
仮に住宅ローンの申し込みができても、不動産会社などが介在しない不動産売却は実態が掴みにくいため、
金融機関が審査で落としたり、貸し控えたりすることが多いのです。
申し込み自体ができないこともあります。
不動産会社を通さずに知人へ売却するときは住宅ローンの利用が難しいため、不動産購入の支払いや資金について確認しておく必要があります。

最後に

札幌の不動産は不動産会社を通さずに知人へ売却することが可能です。
知人へ売却するときの進め方は、基本的に不動産会社を通した売却と変わりません。

不動産会社を通さない知人への売却は、契約書の不備などからトラブルになるケースが少なくありません。
住宅ローンが使えない可能性も高いため、資金的な問題で知人への売却がストップすることもあるのです。

札幌の不動産の知人への売却は、不動産会社に相談することも可能です。
札幌の不動産売却や知人への売却はあかり不動産へお気軽にご相談下さい。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND

まだデータがありません。

PAGE TOP