今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2021年2月19日 コラム

札幌の物件を不動産売却したときの税金は?税金計算と注意点

 

札幌の不動産売却では多額のお金が動くこともあり、「売却金に税金がかかるのではないか」と
不安に思うのではないでしょうか。
札幌の不動産売却の税金はどうなっているのでしょう。
この記事では札幌の物件を不動産売却したときの税金と税金計算について解説します。

札幌の物件を不動産売却したときにかかる税金や税金計算

札幌の不動産売却では以下のような税金がかかる可能性があります。
・不動産売却時の登録免許税
札幌の不動産売却では所有権移転などの登記手続きが必要になります。
登録免許税は登記の際に支払いを要する税金です。
・不動産売却時の印紙税
不動産売却のときは契約書に金額に応じた印紙の貼りつけを要します。
印紙は印紙税という税金の一種です。
・不動産売却時の所得税など
不動産売却の際は利益に対して所得税や住民税がかかります。
不動産売却の際はこの所得税などが最も大きな課税になる可能性があるため注意が必要です。
税金対策をするためにも、不動産売却時はあらかじめ税金計算して税額の把握に努めないと
「税金の支払いに充てるお金がない」という事態に陥る可能性があります。
税金計算に使うのは不動産売却金そのものではなく、あくまで利益部分です。
不動産売却をして札幌の不動産が購入時より500万円高く売れたとします。
この高く売れた、つまり利益が課税対象です。
ただ、この利益からさらに仲介手数料などの費用を引いて税金計算します。
費用などを引いて税金計算した金額が200万円であれば、この200万円を税金計算に使うかたちです。
不動産売却時の税率は所有期間の長短によって変わります。
200万円で大よその税金計算をしてみると、5年以下の短期所有では約120万円、
5年を超える長期所有なら60万円ほどという税金計算結果です。
なお、実際の税金計算では控除や特例を使える可能性があるため、実際には税金がかからないか、
もっと少額になる可能性があります。

札幌の物件を不動産売却したときの注意点

札幌の物件を不動産売却したときの税金計算では注意したいポイントがあります。
自分で不動産売却の税金計算をした場合は実際の税額とズレが生じる可能性があります。
使える控除や特例を見逃したり、引けるはずの費用を見逃したりするケースがよくあるからです。
詳細な税金計算を行いたい場合や可能な限りズレなく税金計算結果を知りたい場合は
税理士に相談することをおすすめします。
札幌の不動産売却の税金計算をするだけでなく、
税金が発生する場合は支払いの準備などを進めておきましょう。

最後に

札幌の不動産を不動産売却するときは、登録免許税や印紙税、所得税などの税金がかかります。
中でも特に大きくなりがちなのが所得税などの利益に対する課税です。
不動産売却の利益に対する課税は利益の額や使える控除や特例の額、
ケースや所有期間などによっても変わってきます。
税金の把握は不動産売却の最終的な利益の把握や税金の準備を進めるためにも重要です。
不動産売却の税金は自分でも大まかに計算できますが、
不動産会社や税理士に相談することでより細かな税金計算が可能になります。
節税も含めて、不動産会社や税理士のサポートを受けてはいかがでしょう。
あかり不動産は不動産売却時の税金対策に注力しております。
お気軽にご相談ください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP