今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2019年9月3日 コラム

住み替え(買い替え)の3つのパターン|パターンごとのメリットと注意点

相続不動産 税金

住み替え(買い替え)には、3つのパターンがあります。 住み替え(買い替え)では、3つのパターンのどれを選択するかによってメリットと注意点が変わるのです。 住み替え(買い替え)の3つのパターンを知って、自分にあった住み替え(買い替え)を実現しましょう。

住み替え(買い替え)の3つのパターンとは

住み替え(買い替え)には、次の3つのパターンがあります。
1.売り先行 2.買い先行 3.同時
最終的に住み替え(買い替え)をすることは同じですが、パターンによってどの段階で現住居を売却するか等が違ってきます。 「売り先行」「買い先行」「同時」の3つのパターンを知って、状況にあわせた計画を練ることが住み替え(買い替え)を成功させるコツです。

住み替え(買い替え)の3つのパターンのメリットと注意点

住み替え(買い替え)の3つのパターンには、それぞれメリットと注意点があります。
1.売り先行 住み替え(買い替え)の「売り先行」パターンは、先に現住居を売却し、売却金によって資産状況を安定させた状況で住み替え先の新住居を購入するケースを指します。 売り先行のメリットは、住み替え(買い替え)先を購入する前に資金を入手できるという点です。
売却資金により住宅ローンを返済できたり、住み替え(買い替え)先を購入するときの元手にできたりするメリットがあります。 注意したいポイントは、住み替え(買い替え)先を購入するまで仮住まいが必要になるという点です。 住み替え(買い替え)がなかなか見つからない場合は、仮住まいに拠出する費用が増えてしまう可能性があります。
2.買い先行 住み替え(買い替え)の「買い先行」パターンは、住み替え(買い替え)先の新住居を先に購入し、あとから旧住居を売却するケースです。 買い先行のメリットは、住み替え(買い替え)先で早く新生活ができ、仮住まいが必要ないこと。 買い先行の注意点は、住み替え(買い替え)先の購入を自己資金やローンでまかなう必要があるという点になります。 旧住居の売却が済んでいないということは、売却金というまとまったお金はあてにできません。 住み替え(買い替え)先の購入は自己資金やローンに頼ることが多いのです。 そのため、旧住居のローンが残っていると、二重ローン状態になってしまうことがあります。
3.同時 住み替え(買い替え)先の購入と旧住居の売却を同時に行うパターンが「同時」です。 同時に購入と売却を行うことによりコストをおさえ、手続きに必要な時間もおさえることができます。 タイミングによっては仮住まいも必要なく、住宅ローンの残債がある場合も対処できるというメリットがあるのが同時の住み替え(買い替え)です。
注意点は、決済のタイミングが難しいこと。 不動産会社や金融機関などの関係者の予定をあわせて決済するため、実績の豊富な不動産会社が間に入って関係者の予定を調整することが重要になります。 タイミングに失敗すると、住み替え(買い替え)がスムーズに進まない可能性があるのです。

最後に

住み替え(買い替え)には「売り先行」「買い先行」「同時」という3つのパターンがあります。 住み替え(買い替え)のときは資金状況や新住居に移りたいタイミングなどを考慮した上で、3つのどのパターンで対処するか考えることが重要です。 住み替え(買い替え)は、実績の豊富なあかり不動産にお任せください。 ニーズにあった住み替え(買い替え)を提案させていただきます。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP