今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2020年4月26日 コラム

札幌の不動産売却の仲介手数料でトラブルにならないための注意点

訳アリ物件

 

不動産売却「仲介(媒介)」のときに発生する仲介手数料。 仲介手数料でトラブルになってしまった。 予想外に多くの仲介手数料を請求されて驚いた。 このような声が札幌の不動産売却でも散見されることから、不安を覚える人もいるのではないでしょうか。 仲介手数料は札幌の不動産売却の売主や買主にとっても重要な存在です。 札幌の不動産売却で仲介手数料トラブルに巻き込まれないための注意点をあかり不動産が解説します。

札幌の不動産売却の仲介手数料でトラブルにならないためには?

 

札幌の不動産売却の仲介手数料でトラブルにならないためには、 4つの注意点に気をつけることが重要になります。 仲介手数料を避けるための4つの注意点は次の通りです。
1.仲介手数料に上限があることを知っておく 2.仲介手数料の発生時期を知っておく 3.仲介手数料について確認しておく 4.仲介手数料以外の費用についても確認しておく

 

札幌の不動産売却の仲介手数料でトラブルにならないための4つの注意点

 

札幌の不動産売却の仲介手数料については、4つの注意点に気をつけることでトラブル化を防止できます。 なぜ4つの注意点でトラブル化を防止できるのか、順番に見て行きましょう。
・①仲介手数料に上限があることを知っておく
札幌の不動産売却の仲介手数料には、法律で上限が定められています。 不動産会社は上限額を当然に請求できるわけではなく、あくまで「上限額まで請求できる」のです。 仲介手数料に上限額があることを知っておくことで、 札幌の不動産売却で不当に高額な仲介手数料を請求されることを防止できます。
・②仲介手数料の発生時期を知っておく
仲介手数料は札幌の不動産売却を不動産会社に相談しただけでは発生しません。 札幌の不動産売却が成立してはじめて発生・請求できるのです。 札幌の不動産売却が成立していない段階で請求されることはありませんので、 発生時期についてあらためて確認しておきましょう。
・③仲介手数料について確認しておく
札幌の不動産売却を不動産会社に依頼した時点で仲介手数料について確認しておくことも重要です。 不動産売却の成立を急いでいるときは、仲介手数料より買主探しに目が行くもの。 しかし、仲介手数料を確認しておかないと、後から「予想外だった」となりかねません。 不動産売却を急いでいても、仲介手数料の確認は忘れないようにしましょう。
・④仲介手数料以外の費用についても確認しておく
札幌の不動産売却では、仲介手数料に含まれる費用と含まれない費用があります。 札幌の不動産売却の基本的な宣伝広告費用や売買契約のサポート費用は仲介手数料に最初から含まれていますが、売主などが別途指示などを行った場合は仲介手数料外の費用が発生する可能性があるのです。 たとえば、売主の指示で通常の宣伝広告を超えているような広告を行った場合や、 遠隔地の売主と交渉するために不動産会社に担当が足を運んだ場合の交通費などがこれに該当する可能性があります。 不動産会社に指示を出す場合は、その指示によって費用が発生するか確認するようにしましょう。

最後に

札幌の不動産売却では契約トラブルに注意することも重要ですが、 仲介手数料トラブルを回避することも重要です。 仲介手数料のトラブルを防ぐ注意点を知って、納得できる不動産売却を行いましょう。
札幌の不動産売却・不動産買取はあかり不動産にお任せください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP