今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2020年11月30日 コラム

不動産売却をしたときの法人の仕訳と税金はどうなるの?

 

不動産売却をしたときの税金関係は、個人と法人では異なります。
個人の場合は不動産売却で利益を得たら課税ですが、前提として収入を種類別にわけることになるのです。
たとえば、個人の場合は事業で得た収入は事業所得になり、不動産売却で得た収入は譲渡所得に分類されます。
収入を種類ごとにわけて、さらに収入ごとに経費などの仕訳や税金について考える必要があるのです。
法人は個人と不動産売却時の税金や仕訳の考え方が異なります。
この記事では、法人が不動産売却したときの仕訳や税金の基礎知識について解説します。

不動産売却をしたときの法人の税金や仕訳の考え方

不動産売却をしたとき、法人の税金についてはどのように考えればいいのでしょう。
個人は収入を種類にわけて、種類ごとに経費や税金、仕訳などを考えました。
法人の税金については、どのような考え方になっているのでしょうか。
法人の税金の基本は、すべての収入と経費をまとめることです。
法人の場合は個人と異なり収入を種類で仕訳せず、収入としてまとめます。
経費も個人のように種類に応じて仕訳するのではなく、経費としてまとめるのです。
まとめた収入からまとめた収入を差し引いて、法人の税金計算をおこないます。
このように、法人と個人では不動産売却をしたときの利益や収入、税金、仕訳などの
考え方が大きく違っているのです。
不動産売却をしたときは、法人の税金や仕訳の基本的な考え方に合わせた税金の計算をする必要があります。
不動産売却時は不動産売却金から経費としての不動産価値などを引き、不動産売却による利益を求めます。
法人の税金は収入や経費をまとめる関係上、複雑です。
不動産売却以外のことも考慮する必要があるため、
不動産売却時は税理士のサポートを受けることをおすすめします。
また、法人の不動産売却に慣れている不動産会社に相談することも、合わせておすすめします。

法人の仕訳に必要な不動産売却の「売却日」とは

不動産売却の売却日は、法人の税金や仕訳などを考えるうえで重要です。
不動産売却の売却日がずれることにより、計算が変わってくる可能性があります。
法人が不動産売却をするときの売却日は、基本的に「不動産を引き渡した日」です。
ただし、例外的に「不動産売却の契約を締結した日」になる可能性があります。
不動産売却の仕訳で重要になる売却日についても、よく考えて不動産売却を進めることが重要です。

最後に

不動産売却の税金や仕訳は、個人と法人で異なります。
個人の場合は収入の種類ごとに仕訳をして経費や税金を考えますが、法人の場合は収入をまとめ、
経費もまとめるという仕訳方法になるのです。
個人と法人の仕訳や税金について勘違いせずに進めるよう、注意が必要です。
また、法人の税金を考えるうえで重要になる不動産売却の売却日などについても、
確認しながら不動産売却を進めましょう。
不動産売却時は税理士や法人の不動産売却に慣れた不動産会社にサポートを受けることもポイントです。
法人の不動産売却はあかり不動産にお任せください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP