今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2021年4月23日 コラム

札幌の家や土地を債務整理のために不動産売却する方法や注意点

 

不動産売却は「札幌の不動産が不要になったから」「引っ越しするから」などの理由以外でも行われることがあります。
よくあるのは債務整理に札幌の土地や家の不動産売却を使うケースです。

札幌の家や土地を不動産売却により債務整理する方法と注意点について解説します。

札幌の家や土地を債務整理のために不動産売却する方法とは

不動産売却による債務整理とは「不動産売却金を債務の返済や清算など整理にあてる方法」です。
札幌の土地や家を不動産売却すると売却金が出ます。
この売却金で債務の返済や清算を行うのが不動産売却による債務整理です。
札幌の土地や家を不動産売却して債務整理する方法には3つのタイプがあります。

・札幌の家や土地を仲介や買取え不動産売却して債務整理

売却する札幌の家や土地に特に抵当権などがついていない等の場合や、
知人や親族から借りた(特に担保設定していない)借金などを不要な家や土地を不動産売却したお金で返済する方法になります。
不動産の他に貴金属や芸術品などをお金に換えて債務整理するケースもあります。

・札幌の家や土地を任意売却で債務整理する

家や土地が借金の担保(抵当権がある)場合、通常の不動産売却では債務整理できません。
住宅ローンを借りているようなケースがこれに該当します。
このようなケースでは勝手に売却すると債権者(金融機関など)の担保を害してしまいますし、お金を貸した側の利害にも関わるはずです。
そのため、不動産会社と債務者、金融機関などの債権者が交渉や相談を重ねて任意で札幌の家や土地を不動産売却し債務整理する任意売却という方法が使われます。

・札幌の家や土地を裁判所の手続きで債務整理する

裁判所には競売や自己破産などの債務整理に関係する法的な手続きがあります。
裁判所の手続きによる債務整理する方法とは、裁判所で行われる自己破産や競売といった手続きの中で不動産売却し、債務を可能な限り清算する方法です。

札幌の家や土地を債務整理のために不動産売却するときの注意点

札幌の家や土地を債務整理のために不動産売却するときは3つの注意点があります。

・整理すべき債務の状況を確認する
・札幌の家や土地を事情に合わせた方法で不動産売却する
・任意売却など債務整理に使われる不動産売却に精通した不動産会社を選ぶ

債務の残返済額が分からなければ債務整理が難しくなります。
不動産売却で債務整理できるかチェックするためにも契約内容や債務整理の対象になる残債などを確認しておくことが注意点です。
住宅ローンなどの場合は通常の不動産売却ではなく任意売却などの方法で債務整理を進めることになりますから、担保(抵当権や根抵当権)などの状況も確認しておきましょう。
札幌の家や土地を事情や状況に合わせて不動産売却するためにも必要なことです。

また、不動産会社のすべてが任意売却など債務整理に使われる不動産売却に通じているわけではありません。
中には債務整理の不動産売却を実施していない不動産会社や、実務経験が極めて少ない不動産会社などもあります。
任意売却など債務整理に使われる不動産売却に通じているか実績や相談などから見極め、不動産会社を選ぶことが注意点です。

最後に

不動産売却による債務整理は、札幌の土地や家を不動産売却し、その売却金で債務の清算や返済をする方法です。
不動産売却による債務整理は、任意売却などに通じた不動産会社に相談するなど、注意点をおさえて手続きすることが重要になります。

札幌の不動産売却はあかり不動産へお気軽にご相談ください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP