今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2021年4月27日 コラム

住宅ローン滞納の不動産売却(任意売却)はばれずに行う3つのコツ

 

住宅ローン滞納時の解決策として不動産売却(任意売却)があります。
不動産売却の売却金で住宅ローン滞納分を清算する方法が任意売却です。
不動産売却後に残債が出ても無理のない範囲で分割返済できるため、
住宅ローン滞納による生活苦も改善できる方法になります。
ただ、住宅ローン滞納を任意売却によって解決したくても「不動産売却すれば周囲に知られるのでは」と
不安を覚え、一歩を踏み出せない人は少なくありません。
住宅ローン滞納時の不動産売却(任意売却)は周囲にばれずに手続き可能です。
周囲にばれずに不動産売却を完了させるコツを説明します。

札住宅ローン滞納時に不動産売却(任意売却)しないとどうなるの?

住宅ローン滞納しているときに不動産売却によって解決せず放置すると最終的に「競売」されます。
競売とは裁判所の不動産売却手続きです。
通常の不動産売却(任意売却も含む)は不動産の所有者が自分の判断で不動産売却を決め、
不動産売却手続きも所有者の主導で行います。
しかし裁判所の競売は裁判所の主導で手続きが進み、家も所有者の意思に関係なく強制的に不動産売却されてしまうのです。
ローン滞納による売却は周囲にばれずに不動産売却できません。
買主を募るために不動産売却情報が掲載されてしまうからです。
ローン滞納を周囲に知られたくない人やばれずに不動産売却したい人にとって競売はマイナスでしかありません。
対して住宅ローン滞納を不動産売却(任意売却)で清算する場合はばれずに手続きを進めることが可能です。

住宅ローン滞納時にばれずに不動産売却する3つのコツ

住宅ローン滞納の解決手段として不動産売却する場合、基本的に周囲にばれずに進めることが可能です。
ただし、不注意から周囲に不動産売却や住宅ローン売却がばれてしまうケースがあるため、
ばれないためのコツに留意して進めましょう。
・住宅ローン滞納や不動産売却を誰にも話さない
ひとつ目のコツは「不動産売却について誰にも話さないこと」です。
ばれずに不動産売却を進めるとき、不動産の持ち主が周囲の一部の人に不動産売却について話してしまい周囲の噂が広がるケースがあります。
周囲の人に住宅ローン滞納や不動産売却のことを一切話さないことがばれずに手続きするコツです。
・不動産売却を担当する不動産会社にも伝えておく
不動産売却の際に担当が査定などのために不動産へ足を運ぶことがあります。
担当が自分から「不動産会社です」と周囲の人に話すことはありませんが、
「あれは誰?」と周囲の人に不審に思われる可能性はゼロではありません。
あらかじめ不動産会社にも「住宅ローンや不動産売却のことは周囲にばれたくない」と念押ししておきましょう。
・不動産会社と引っ越しスケジュールをよく検討する
引っ越しの際に何度も家を出入りしていると、周囲の住宅ローン滞納による不動産売却を知られてしまうかもしれません。
ばれずに不動産売却を進めるためにも、引っ越しスケジュールや段取りなどを不動産会社とよく話し合っておきましょう。

最後に

ローン滞納を放置すると競売になってしまいます。
競売では家を強制的に売却される他、不動産売却情報を掲載されてしまうためばれずに手続きすることはできません。
住宅ローン滞納を不動産売却(任意売却)で解決する場合は周囲にばれずに手続きできます。
住宅ローン滞納のより良い解決のためにも、まずはあかり不動産へご相談ください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP