今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2021年7月26日 コラム

不動産売却益には税金がかかる!自分でできる簡単な税金対策を紹介

■不動産売却益の税金対策には個人でできることが3つある!

 

不動産売却益の税金対策という言葉から「税理士に依頼して難しい税金対策をするのではないか」と想像するかもしれません。

不動産売却益の税金対策には税理士の力を借りる方法だけでなく、個人でもできることがあります。

個人でできる不動産売却益の税金対策は以下の3つです。

 

1.不動産売却時の相談

2.不動産売却時の試算

3.証拠を残す

 

■不動産売却益の税金をおさえるために個人でできる税金対策

 

3つの税金対策は具体的にどのように行えばいいのでしょうか。詳しく説明します。

 

税金対策①不動産売却時に税金についても相談しておく

 

不動産売却のときに税金についても不動産会社と話し、そのうえで売却計画を立てることが税金対策になります。

税金について何も考えずに不動産売却を進めてしまうと、売却後に不動産売却益に対して予想外に高額の税金がかかる可能性があるのです。

不動産売却をはじめる時点で税金について考えながら動くことが重要になります。

 

税金対策②あらかじめ不動産売却益の税金試算をしておく

 

不動産売却益がどれくらい出るか。

また、仮にその不動産売却益が出た場合はどのくらいの税金になるか。

不動産売却を完了する前に不動産売却益や税金の試算をしておきましょう。

試算することで準備できますし、売却額の設定などについても再考できます。

税理士に試算してもらってもいいでしょう。税理士に試算してもらう場合は、ケースに合わせた節税対策についてもアドバイスを受けておくことをおすすめします。

 

税金対策③取得費の証拠を残しておく

 

取得費は不動産の購入費用と思いがちですが、購入費用以外にも計上できるものがあります。

仲介手数料や立退料、測量費など、各種の費用を取得費に計上できるのです。

計上できる取得費をもれなく計上することが重要になります。

ただ、取得費の資料がないと金額の証明ができませんし、計上もれが出る可能性もあります。

取得費の資料はしっかり残しておきましょう。

 

■最後に

 

不動産売却益には税金がかかります。

不動産売却益が出そうなときは利益を多く手元に残すためにも税金対策が重要です。

税金対策は控除や特例など専門的なものだけでなく、個人で注意することでできることもあります。

不動産売却時は取得費の証拠を残しておくなど、自分でできる税金対策も取り入れていきましょう。

 

不動産売却はあかり不動産にお任せください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP