今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2021年12月6日 コラム

不動産会社が考える収益不動産/投資物件の売却基準とは?

■不動産会社が考える物件の売却基準とは?

収益不動産/投資物件の売却基準としては4つのタイミングが考えられます。

 

・新築の収益不動産/投資物件

・収益不動産/投資物件の立地

・収益不動産/投資物件の利益

・収益不動産/投資物件の融資

 

以上の4つのポイントから売却基準に達しているか考えて、収益不動産/投資物件の売却を決めてはいかがでしょう。

■収益不動産/投資物件の4つの売却基準

収益不動産や投資物件の売却基準についてもう少し詳しく説明します。

 

売却基準①新築の収益不動産/投資物件に乗り換えるタイミング

収益不動産/投資物件のひとつの考え方として、古い物件を安く購入したり、利回りの高い物件を狙ったりする方法があります。

確かにこれも運用の方法ではあるのですが、古い物件はいずれ修繕費でまとまった資金が必要になると考えると、黒字より赤字が上回るリスクが高くなってしまうはずです。

また、利回りが高い物件はトラブルを抱えているケースも少なくないため、リスクに対処できるかも問題になってきます。

リスクや修繕費などを考えて、現在の収益不動産/投資物件より新しい物件(新築や年数の少ない物件)への乗り換えを考え、購入できそうなら売却基準のひとつとして考えてみてはいかがでしょう。

 

売却基準②収益不動産/投資物件の立地

 

収益不動産/投資物件の立地は重要です。立地が良ければある程度の古い物件でも入居希望者が後を絶たないケースも少なくありません。

だからこそ、現在の収益不動産/投資物件より好立地を見つけたときを売却基準として考えてみてはいかがでしょう。

 

売却基準③収益不動産/投資物件の利益

 

収益不動産/投資物件の利益を売却基準にする方法もあります。

現在は利益の出ている収益不動産/投資物件でも、5年後の利益は分かりません。

利益がかなり低くなっていることも考えられます。

収益不動産/投資物件の将来的な利益を考え、利益が出ている、あるいは安定している段階で売却してはいかがでしょう。

安定して利益を出せている状態なら、高値売却を狙える可能性もあります。

将来的な利益を考え、早い段階で収益不動産/投資物件を買い換えるわけです。

 

売却基準④収益不動産/投資物件の融資

 

収益不動産/投資物件の購入では融資を使う投資家は多いことでしょう。

収益不動産/投資物件を売却あるいは買い替えするときに融資の通りやすさを売却基準にする方法です。

融資を売却基準にすれば、新しい収益不動産/投資物件を購入するときに資金調達で困りにくくなります。

■最後に

収益不動産/投資物件の売却基準は4つあります。

修繕など大きな資金が必要になった段階で売却するのも方法ですが、将来利益を見据えて売却するなどの方法もあります。

収益不動産/投資物件の売却タイミングによっては後悔につながるかもしれません。

売却基準については、ニーズも合わせて考え、後悔しないように決めましょう。

 

売却基準で悩んだらあかり不動産へご相談ください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP