相続不動産の売却でよくある4つの失敗

相続不動産の売却でよくある4つの失敗
今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2021年12月12日 コラム

相続不動産の売却でよくある4つの失敗

■相続不動産売却でよくある4つの失敗ケース

相続不動産の売却でよくある失敗は、相続トラブルや税金の課税などです。

相続不動産の売却で「失敗した」と後悔したケースを順番に見ていきましょう。

 

失敗①相続不動産の売却で予想外の課税があった

 

相続不動産を売却するために家の取り壊しをしたら固定資産税が跳ね上がったという失敗談です。

固定資産税は住宅が建っていることにより減額されている状況になります。

そのため、相続不動産を取り壊すと固定資産税が最大で6倍になる可能性があるのです。

 

固定資産税の他に、相続不動産と土地を一緒に売却したら多額の利益が出てしまい、高額の譲渡所得税が課税されてしまい失敗したというケースもあります。

 

失敗②相続不動産の売却で相続トラブルになった

 

相続人の間で相続不動産売却の合意が取れていなかったため、相続不動産の売却をめぐってトラブルになってしまいました。

また中には相続不動産の売却に反対の意思を表明している相続人もいるため「なぜ先に意見を聞いてくれなかったのだ」など、相続をめぐって荒れてしまいました。

最終的に売却ができなくなるケースや、売却はできても時間がかかるケースなどがあります。

 

失敗③相続不動産の売却を急いだため形見分けができなかった

 

相続不動産の売却を急いだため、家の中に残っていた物も急いで処分することになりました。

結果、大切な形見なども捨ててしまい、形見分けできませんでした。

この他に、相続不動産売却のスケジュールに合わせて形見分けをすることができなかったため、一部の相続人が形見を受け取れずトラブル化する失敗ケースもあります。

 

失敗④相続不動産の売却時点で相続登記ができていなかった

 

相続不動産を売却するためには被相続人から相続人に名義変更しなければいけません。

名義変更ができていないと売却できないのです。

名義変更のことを忘れていたり、相続手続きに手間取ってしまったりして、売却のときまで相続登記が完了していない失敗ケースがあります。

■相続不動産の売却で失敗しないためには?

相続不動産の売却で失敗しないためには、不動産会社をよく選ぶことが重要です。

相続不動産の売却に慣れている不動産会社の場合、売却で失敗しがちなケースをおさえています。

失敗しないためのアドバイスもしますので、相続不動産を売るときに後悔につながりにくいのです。

相続不動産の売却で失敗しないためにも、相続不動産の売却に慣れている不動産会社に相談しましょう。

■最後に

相続不動産の売却は通常の不動産売却と異なり、相続が絡むという点で難しさがあります。

売却の進め方によっては相続人とトラブルになるケースや、売却が思うように進まない失敗ケースなどがあるのです。

 

相続不動産の売却は、相続不動産の買取・売却の実績豊富なあかり不動産にお任せください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND

まだデータがありません。

PAGE TOP