今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2020年11月15日 不動産の基礎知識

不動産売却手数料の内訳や仕組みとは?


不動産売却をするときは手数料が発生することがあります。
不動産売却のときの手数料の内訳や仕組みはどのようになっているのでしょう。
そもそも、不動産売却をするのは不動産オーナーなのになぜ不動産売却手数料が発生するのでしょうか。
不動産売却手数料の内訳や仕組み、なぜ手数料が発生するのかなどを、あかり不動産が説明します。

不動産売却手数料はなぜ発生するのか


なぜ不動産売却で不動産売却手数料が発生するのでしょう。
不動産売却で不動産売却手数料が発生するのは、
不動産会社が仲介(媒介)として不動産売却をサポートするからなのです。
不動産売却のサポート料のようなものだと考えればわかりやすいのではないでしょうか。

不動産売却では、不動産会社が売却したい不動産の宣伝広告を担当します。
この他に、不動産の購入を希望する人が現れたら、その人に不動産について説明したり、
内覧に付き添ったりします。
不動産売却のときの営業活動や宣伝活動をし、
不動産売却をサポートする対価として不動産売却時に手数料を請求してよいことになっているのです。

なお、不動産売却ケースでも、仲介(媒介)契約を結ばないで不動産売却すると手数料は発生しません。
不動産買取で不動産売却する場合は、買主は不動産会社になります。
買主が不動産会社ですから、宣伝や営業の活動は必要ないのです。
よって、仲介(媒介)のときのような手数料は発生しません。
不動産売却の方法によっても手数料発生の有無は変わってくるため注意してください。

不動産売却手数料の内訳と仕組み


不動産売却のときの手数料の仕組みと内訳は次の通りです。

・不動産売却の手数料の仕組み

不動産売却手数料は上限だけが定められています。
下限は定められていないため、上限を超えなければ低く設定しても問題ないということです。
不動産売却手数料の上限は次の計算式で算出します。

200万円以下の部分 / 売買価格の5%
200万円超~400万円以下の部分 / 売買価格の4%
400万円超~ / 売買価格の3%

それぞれには消費税が加算されます。
不動産会社に不動産売却などを相談する場合は、手数料についても確認しておくと安心です。

・不動産売却手数料の内訳

不動産売却の際は不動産売却手数料以外の費用を請求されることがあります。
かかる可能性のある費用としては、不動産登記の費用や不動産の解体費用などがあるのです。
不動産売却のときは仲介(媒介)手数料について確認するだけでなく、
必要な費用の内訳についても確認することが重要です。

最後に


不動産売却には手数料がかかります。
仲介(媒介)の契約を不動産会社と結んだ場合、不動産会社が不動産売却の宣伝や営業のサポートをします。
不動産売却手数料とは、不動産売却のサポート手数料のようなものです。
ただ、同じ不動産売却でも不動産会社が不動産を買い取る不動産買取の場合は
宣伝や営業は必要ありませんので、不動産売却手数料も不要になっています。

不動産売却を進めるときは、方法をよく選ぶことが重要です。
その方法で不動産売却を進める際の不動産売却手数料や内訳についても確認しておきましょう。
不動産売却はお気軽にあかり不動産へご相談ください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP