今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2020年2月1日 不動産の基礎知識

札幌で市街化調整区域の売買はできるのか?

土地

市街化調整区域は、売買が難しい不動産の代表格だと言われます。
札幌にある市街化調整区域も同じで、売買で手放したいと思っても、なかなか買い手がつきません。
最終的に札幌の市街化調整区域の売買を諦めてしまい、放置してしまうこともあります。

札幌の市街化調整区域は、市街化調整区域の売買を扱っている不動産会社に相談することで、
売買できる可能性があります。
札幌の市街化調整区域をスムーズに売買するために、「市街化調整区域とは何か」
「市街化調整区域の売買はできるのか」という2つのポイントについて知っておきましょう。

市街化調整区域とは?|札幌の不動産売買

市街化調整区域とは「市街化を調整(抑制)すべき地域」のことです。

基本的に、自分の土地に自分の建物を建てることは自由になります。
多くの土地の持ち主は、土地に建物を建てたり、耕作したり、
土地を「活用する」ことを目的として売買するのではないでしょうか。
その土地を売買したら、売買により取得した土地の名義人が建物を建てようと自由のはずです。
しかし、日本各地の土地を自由に開発されてしまうと、国や自治体が困ってしまいます。

自由に開発することで、食料を栽培する土地がなくなってしまうかもしれません。
山が切り拓かれて、地滑りが頻発する可能性もあります。
河川に影響を与え、治水が困難になることもあるはずです。
国や自治体は、ルールに基づいて、「どのように自然を守るか」
「どのように開発を進めるか」という計画を立てています。

市街化調整区域は、農地や自然を守るために、計画的に設定されている区域です。
市街化調整区域は農地や自然を守るための区域なので、建物の建設について、
非常に厳しい制限が設けられています。
自由に建物を建てたり、開発できたりすると、農地や自然を守れないからです。

札幌の市街化調整区域は売買できるのか?

多くの人は土地の上に建物を建てるなど、活用のために売買するはずです。
市街化調整区域は開発や建物を建てることが厳しく制限されている区域なので、
市街化調整区域の土地を売買しても、買主は自由に建物を建てることができません。
建物を建てることのできない土地は、売買の買い手が限られてしまいます。
市街化調整区域の土地を売買しようとしても、買い手がつかないことが多いのです。

しかし、市街化調整区域の不動産を売買できないというわけではありません。
札幌の市街化調整区域内の土地は売買しにくいと言われますが、売買ルートを持っている
不動産会社や市街化調整区域の不動産を扱っている不動産会社で売買することが可能です。
一般的な不動産よりも買い手は少なくなりますが、売買自体は可能なので、諦める必要はありません。

最後に

市街化調整区域の不動産は売買が難しいと言われます。
しかし、決して売買が不可能というわけではありません。
札幌の市街化調整区域を扱っている不動産会社に相談することが重要です。

札幌市や札幌市近郊の市街化調整区域の売買は、あかり不動産へとお気軽にご相談ください。
市街化調整区域の不動産売買のサポートをさせていただきます。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND

まだデータがありません。

PAGE TOP