今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2021年1月18日 不動産の税金

不動産売却の3つの税金対策|確定申告の要否や内容など

 

不動産売却をすると利益の部分について税金がかかります。
たとえば不動産売却のときの不動産売却金が2,000万円だったとします。
取得費や譲渡費用などを引いて不動産売却の利益部分が500万円だったとすれば、
500万円に対して税金がかかるという仕組みなのです。

不動産売却のときに使える税金対策についてご紹介します。
税金対策の内容や確定申告を要するかなど、順番にポイントを見て行きましょう。

不動産売却の税金対策とは?

不動産売却をするとすでにお話ししたように利益部分へと課税が行われます。
ただ、不動産売却は高額のお金が動くため税金が高額になる傾向にあります。

また、不動産売却は「次の住まいを買うための頭金にしたい」「介護費用を調達したい」などの
目的で行われるケースも少なくないため、利益に対して多額の税金を貸すと国民は困ってしまうはずです。
せっかく不動産売却金を手にしても税金で高額が持って行かれると介護や頭金として使えません。
そのため不動産売却時に使える特例などにより税金負担を軽減できるようになっています。
特例などにより不動産売却の税金対策をすれば、
不動産売却のとき手元に残るお金をより多くできる可能性があります。

不動産売却の税金対策と確定申告の要否など

不動産売却のときに使える税金対策には3つの種類があります。

・税理士にあらかじめ不動産売却の税金について確認を取る

不動産売却していきなり税金が発生すると驚いてしまうのではないでしょうか。
不動産売却のときに税金が不安なら、あらかじめ税理士に相談しておくという税金対策があります。

税理士に相談しておくことで仮に税金が発生したときの準備(資金プールなど)もできますし、
心の準備も可能です。
税理士であれば税金の試算などもできますから、税金対策の一環として相談しておくことをおすすめします。
相談については特に確定申告は必要ありません。

・不動産売却のときに譲渡費用をしっかり引く

不動産売却金そのものに税金がかかるのではなく、
税金の対象になるのは譲渡費用や取得費を差し引いた利益部分です。
不動産売却のときに譲渡費用などを引き忘れてしまうと、
その分だけ税金が高くなりますので注意してください。
譲渡費用には売主負担の印紙税や仲介手数料、立退料などいろいろあります。
取り壊し費用なども差し引けますので、確定申告の際に譲渡費用などをしっかりと引いておくことが重要です。

・不動産売却で使える控除や特例を忘れずに使う

不動産売却では3,000万円特別控除や空き家特例などの制度があります。
使える特例や控除を忘れずに使うことで不動産売却の税金対策になるのです。
特例などを使うときは基本的に確定申告を要します。

最後に

不動産売却では不動産売却金の利益部分が課税対象になります。
特例などを使ったり取得費などマイナスできるものをしっかり引いたりするなどの税金対策がありますので、
使えるものは忘れずに使うことが重要です。
確定申告を要する税金対策の場合は手続きも忘れないようにしましょう。

税金対策など不動産売却のお悩みはあかり不動産にご相談ください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP