今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2020年9月14日 その他

不動産売却に新型コロナの影響は?価格や売却に不安を持っている方へ

新型コロナの感染状況が長引いています。
2020年9月6日23時の時点では、日本国内の感染者数は8,000人を上回っています。
同日の新規感染者数も400人を上回っている状況です。
ニュースなどでも連日のように新型コロナ関連情報が報じられますから、
「終息までまだ時間がかかりそうだ」と不安を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そして、不動産売却を検討している方は、新型コロナが不動産売却に影響を与えているかどうかや、
このタイミングで不動産売却をしても買い手があるのか、心配していることでしょう。
あかり不動産が、不動産売却への新型コロナの影響について解説します。

不動産売却価格に新型コロナの影響はあるのか?

新型コロナは不動産売却価格に影響を与えているのでしょうか。
ニュースではよく企業の倒産や収入低下について取り上げています。
企業の倒産や個人の収入についてニュースが取り上げているなら、
「不動産売却価格も下がっているのではないか」
「不動産売却価格も新型コロナの影響を受けているのだろう」と想像するのは仕方のないことではないでしょうか。

しかし、不動産売却価格の現実は、予想とは少し違っています。
不動産売却価格は新型コロナで大きく下落しているわけではないのです。
日銀の総裁も新型コロナの不動産への影響に対しては
「足元大きく下落しているわけではない」という認識を示しています。
一般的な不動産売却については、新型コロナはさほど大きな影響を与えていないと考えられる状況です。

ただし、新型コロナが長引いてしまうと、世の中全体が落ち込んだ結果、
不動産売却価格に影響を及ぼす可能性があります。
今後のニュースを注目する必要があります。

現状では、日銀総裁が示すように、
新型コロナにより一般的な住宅などの不動産売却価格にはさほど影響が出ていないという結論です。

新型コロナ禍の中で不動産売却の買主探しに影響はあるか?

新型コロナの影響で買主探しも難しいと思うかもしれません。

不動産売却には一定の需要があります。
新型コロナ禍の中だからといって、転居がたっまく発生しないわけではありません。
中には古い住宅に住んでいて、新型コロナの影響が騒がれる中、新しい家を探している人だっています。
転勤やオフィス転居などで、新しい不動産を求める会社員や会社もあるのです。

株式会社ハウスマートの調査では、家探しをしている人の約50%は、
新型コロナの影響下でも家探しをしていることがわかりました。
新型コロナ禍の中でも、このように不動産売却の需要があるのです。
新型コロナの影響で不動産売却の買主を見つけることが難しいと思うかもしれませんが、
特に問題なく「不動産売却する不動産によっては買主が見つかる」が結論になります。

最後に

新型コロナの影響で倒産や営業の自粛などが取り上げられると、
不動産売却価格や不動産売却の買い手探しにも影響が出ているのではないかと思うかもしれません。

現状、不動産売却価格や不動産売却の買い手探しには、さほど影響は出ていません。
ただし、今後も新型コロナの感染状況が変わらなかったり、拡大したりすれば、影響が出る可能性もあります。
不動産売却の状況は常に動いていますので、しばらくはニュースなどを注視したいものです。

札幌などの地域的な不動産売却へのコロナの影響を確認したい場合は、あかり不動産にお問い合わせください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP