今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2020年4月4日 その他

老人ホームに入居する場合は自宅を売却すべきか?

土地

老人ホームへ入居する場合、自宅が空き家になってしまうことがあります。
自宅が空き家になってしまう場合、老人ホームへの入居と共に自宅を売却すべきでしょうか。

・老人ホームへの入居で自宅を売却するメリットとデメリット
・老人ホームへの入居で自宅を売却する方法

2つのポイントについてあかり不動産が解説します。

老人ホームへの入居で自宅を売却するメリットとデメリット

老人ホームへの入居で札幌の自宅を売却すべきか。
この疑問に対する答えは、最終的にケースバイケースになります。
老人ホームへの入居に際して自宅を売却すればメリットがある場合は、売却する。
自宅の売却によりデメリットが大きい場合は売却せず、相続後の売却や維持管理を検討する。
これが結論です。

自宅の使い方は各家族によって千差万別。
だからこそ、各家族に合わせたタイミングで売却することが重要なのです。

老人ホームに入居したタイミングで自宅を売却するメリットとデメリットを比較してみましょう。
メリットとデメリットを比較して、どちらがより大きそうか考えることが重要です。

老人ホームへの入居で自宅を売却するメリット

1.自宅の維持管理費用と維持管理のための労力が不要になる
2.介護や老人ホームの入居に使えるまとまった資金が手に入る
3.相続後の空き家問題の対策になる
4.相続トラブルの防止になる

老人ホームへ入居しても自宅を売却しないデメリット

1.老人ホームへの入居後に帰宅できなくなる
2.相続後に相続人が住居などに自宅を使えなくなる
3.維持管理に手間と費用がかかる
4相続トラブルや空き家処分に悩ませられる可能性がある

老人ホームへの入居で自宅を売却する方法とは

老人ホームへの入居のタイミングで自宅を売却すべきだと判断したら、自宅の売却方法を選択します。
老人ホーム入居時に自宅を売却する方法は2つあります。

仲介による不動産売却

不動産会社と媒介の契約を結んで自宅を売却する方法です。
不動産会社は媒介契約により、老人ホーム入居時の自宅の売却をサポートします。
不動産会社の宣伝や広報により買主が見つかったら、売却金額や引き渡し時期などの交渉を行い、売却の手続きを進めるのです。
仲介による売却は、より高く買ってくれる買主を探すことができるため、自宅をより高く売却したいときにメリットのある方法になります。
ただし、買主が見つかるまでに時間がかかる可能性もある方法です。

不動産買取

不動産買取は不動産会社に自宅を売却する方法です。
買主が不動産会社になるため、老人ホームの入居に合わせて自宅を売却することもできます。
不動産買取はスケジュールやニーズに合わせやすく、自宅の売却手続きも早期に完結するというメリットがあるのです。
ただし、売却価格が相場よりやや低めであるというデメリットがあります。

最後に

老人ホームへの入居の際に自宅を売却するかどうかは、メリットとデメリットを比較して決めることが重要です。
メリットの方がより大きければ、老人ホームへ入居する際に自宅を売却する。
デメリットの方が大きい場合は、自宅の売却を再考する。
事情に合わせて選択することが重要です。

自宅の売却はあかり不動産にお任せください。
事情に合わせた売却のタイミングや計画を提案いたします。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP