今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2021年5月21日 コラム

不動産売却のよくあるトラブル事例と対策とは?

 

不動産売却がスムーズに進めばいいのですが、中には売主や買主、
不動産会社の間でトラブルが起きてしまうケースがあります。
不動産売却ではどのようなトラブルが起きる可能性があるのでしょうか。
不動産売却のよくあるトラブル事例と解決策について解説します。

不動産売却のトラブル事例と対策①

不動産売却のよくあるトラブル事例として「手数料・費用のトラブル」があります。

不動産売却の仲介では、不動産会社と仲介契約を結び、契約に応じて仲介手数料を払わなければいけません。
仲介による不動産売却時の手数料には法律で上限が定められています。

200万円以下/ 取引額の5%
200万円超400万円以下 / 取引額の4%
400万円超 / 取引額の3%
※消費税別

法律で定められている上限以上の手数料を請求してはいけないルールです。
しかし、中には上限を超えた手数料を請求しようとする不動産会社もあります。
この他に、手数料という名目ではなく「広告費」など別の名目で高額の請求をする不動産会社もあるため
注意してください。

対策としては、手数料について事前に不動産会社によく確認しておくことが挙げられます。
手数料額や請求された費用の名目などで不審な点があれば、弁護士や別の不動産会社などに相談することも
トラブル対策になります。

不動産売却のトラブル事例と対策②

不動産売却では、不動産情報の伝え忘れからトラブルに発展するケースもあります。

たとえば、ある人がA物件を不動産売却したいと考えていたとします。
しかしその物件には欠陥がありました。
物件のオーナーは欠陥があると不動産売却価格が下がる可能性や、買主が購入をためらう可能性があるとして、故意に物件の欠陥を不動産会社や買主に伝えませんでした。

不動産情報を隠して不動産売却したのです。
不動産売却が完了し、実際に物件に住むようになった買主は、物件に欠陥があることに気づきました。
そして、買主と売主、不動産会社の間でトラブルになってしまったのです。
このように、不動産売却の対象になる物件や土地の情報を隠すことで後から大きなトラブルに
なることがあります。
また、故意に伝えなかったわけではなく、売主がうっかり伝え忘れていたケースでもトラブルに
なる可能性があるのです。

トラブルの対策方法としては、土地や建物の情報をしっかり不動産会社に伝えることが挙げられます。
伝えるべきか悩むことは不動産会社に相談し、何を伝えればいいのか分からないときは、
「どのような情報を提示すればいいのか」を不動産会社にきいてみてはいかがでしょう。
情報を隠したり、伝え忘れたりしないことがトラブル防止の対策になります。
何を伝えるべきか迷ったら、不動産会社と相談しておくこともトラブル対策です。

最後に

不動産売却のよくあるトラブルには手数料トラブルや費用請求のトラブル、
不動産の欠陥などの情報を巡るトラブルなどがあります。
不動産売却のトラブル対策として重要なのは「分からないことや不審なこと、
気になることは確認すること」です。
対策をしっかり講じて、悔いの残らない不動産売却を目指してください。

不動産売却・不動産買取はあかり不動産にお任せください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP