今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2021年5月13日 コラム

老朽化した空き家や長屋を売りたい!売却方法や気になるポイントを説明

 

老朽化した空き家や長屋をすでに所有している場合や相続によって所有者になってしまった場合は、
空き家だからといって税金などの負担を免れることはできません。
老朽化した空き家や長屋の税金といった負担を逃れるためには早期の売却が重要です。
しかし、そもそも老朽化した空き家や長屋は売却できるのでしょうか。
老朽化した空き家や長屋を売りたい人のために、売却方法や売却時の知っておきたいポイントを説明します。

老朽化した空き家や長屋を売りたい!売却方法には「買取」などがある

老朽化した空き家や長屋は使っていなくても税金の負担があり、なおかつ維持管理にコストがかかります。
税金や維持管理のコストを削減しようと思っても、
老朽化した空き家や長屋の場合は仲介ではなかなか売却できません。
老朽化し、住居などに使うことが難しいからです。
売りたいと思っても買い手が付きにくいわけです。
しかし、老朽化した空き家や長屋でも「買取」という方法を使えば、
売りたいときに老朽化した空き家や長屋を売却できます。

仲介などの不動産売却は不動産会社の宣伝広告といったサポートを受けて
第三者である買主を探し売買契約を結ぶ方法です。
対して買取では買主を探すことはなく、売りたい老朽化した空き家や長屋などの買主は不動産会社になります。
買主が販路や活用法を熟知している不動産会社なので、
仲介よりも売りたい空き家などをスムーズに換金できる可能性が高くなります。

老朽化した空き家や長屋を売りたい!荷物や道幅など気になるポイント

老朽化した空き家や長屋の買取で問題になるのは、空き家や長屋の「荷物」や「道幅」「状態」などです。
空き家の道幅が狭い場合や荷物が放置されている場合、家が傾いたり通常の居住に使えなかったりする場合でも、
買取で換金できるのでしょうか。

売りたい老朽化空き家は家具などがそのままの状態で放置されていることも珍しくありません。
老朽化している空き家や長屋ですから、そのままでは居住が難しいケースもあります。
このような老朽化空き家や長屋でも売りたい場合は買取できるかが問題です。

老朽化空き家や長屋の場合は、売りたい家の中に家具や荷物が放置してあっても、
基本的に買取可能になっています。
売りたい空き家の状況が居住に適さない場合や、
家の道幅が狭い場合なども問題なく買取できる可能性が高いのも買取の特徴です。

売りたい老朽化空き家は買取の前に相談や査定が可能になっています。
まずは売りたい老朽化空き家や長屋について買取を実施している不動産会社に相談し、
査定してもらうといいでしょう。

最後に

老朽化した空き家を売りたいときは買取という方法があります。

買取は不動産会社が買主になるため、老朽化した空き家でも買取できる可能性が高くなっています。
買主が不動産会社なので、老朽化した空き家でも活用方法や販路を熟知しているからです。
空き家に荷物があったり、道幅が狭かったりする場合でも、問題なく買取できる可能性があります。
老朽化した空き家や長屋を売りたいと悩んでいる人は、買取を検討してみてはいかがでしょう。

老朽化した空き家を売りたいというお悩みは、あかり不動産へお気軽にご相談ください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP