不動産売却で赤字になるケースやマイナス対策を解説

不動産売却で赤字になるケースやマイナス対策を解説
今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2022年2月18日 コラム

不動産売却で赤字になるケースやマイナス対策を解説

■不動産売却で赤字になる代表的なケースとは

不動産売却のときに赤字になる代表的なケースは、取得費用と売却時の経費が売却額を上回るケースなどです。

不動産売却で赤字になるケースを具体例で説明します。

 

事例①税金がかかってしまい赤字が出てしまった

 

不動産売却のときは利益に対して税金がかかります。

不動産売却額は不動産売却にかかった経費と不動産を購入するときの取得費の合計を上回ったのですが、利益が出てしまったために課税がありました。

課税分を差し引くと赤字になってしまったというケースです。

 

事例②売却時の費用が多く赤字になってしまった

 

不動産売却のときにリフォームをしたため、リフォーム費用がかかりました。

不動産売却にかかる他費用とリフォーム費用、不動産の取得費を合わせると売却金額を超えて赤字になってしまいました。

家を解体したり、修繕したりする場合なども費用の関係で赤字になることがあります。

■不動産売却で赤字にならないための対策

不動産売却で赤字にならないためにはどうすればいいのでしょう。

考えられる対策は3つあります。

 

対策①赤字にならないように不動産売却の費用について確認しておく

 

不動産売却で赤字にならないための対策としては、あらかじめ費用について確認しておく方法があります。

費用について確認しておくことにより、無駄な費用があれば削ることが可能です。

費用について確認していないとすれば、支出してから「この費用は抑えられた」という事態になりかねません。

対策として、あらかじめ不動産売却の費用について確認しておきましょう。

 

対策②解体やリフォームで赤字にならないように不動産会社に相談する

 

解体やリフォームを独断で進めてしまうと、費用により不動産売却で赤字になってしまうかもしれません。

解体やリフォームをしなくても売却できるケースは少なくありません。

解体やリフォームをするときは、先に不動産会社に相談して進めることも対策です。

 

対策③控除や特例など税金負担を軽減する制度を利用する

 

控除や特例などを使える場合は使った方が税金負担を抑えられます。

税金の負担を抑えられれば、その分だけ赤字になる可能性が低くなるのです。

あらかじめ特例や控除について不動産会社などに確認しておくことも対策になります。

特例や控除を使う際の必要書類や手続きについても確認しておきましょう。

■最後に

不動産売却の際は売却金でプラスになる印象があるかもしれません。

不動産売却の際は必ずプラスになるわけではなく、税金や売却にかかる費用によって赤字になることもあります。

不動産売却の赤字を避けるためにも、対策方法について不動産会社にも相談してみましょう。

 

不動産売却ならあかり不動産にお任せください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP