札幌市の実家を売却する流れと注意点

札幌市の実家を売却する流れと注意点
今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2022年5月13日 コラム

札幌市の実家を売却する流れと注意点

 

札幌市の実家を相続しても「別に家がある」「維持管理が大変」などの理由から売却を決めるケースは少なくありません。

札幌市の実家を相続して売却するときは、どのような流れで進めればいいのでしょうか。

札幌市の実家を売却する流れと、売却を進めるときに注意したいポイントについて解説します。

 

■札幌市の実家を売却する流れ

 

札幌市の相続した実家を売却する場合は、まずは相続手続きをしなければいけません。

札幌の実家を含め相続人で遺産分割をして、実家の名義を書き換える必要があります。

実家の名義の書き換えが完了しないと売却できません。

よって、札幌市の相続した実家を売却する場合は、まずは遺産分割と相続人への名義の書き換えをすることになります。

実家の名義手続きは相続登記といい、法務局に必要書類を提出しておこないます。

札幌市の実家の名義を相続人のものに書き替えたら、不動産会社と相談しながら実家売却の手続きを進めるという流れです。

 

なお、実家の売却を急ぎたい場合は、相続手続きを進めながら売却の準備をすることも可能です。

相続登記などが終わっていない段階で不動産会社に相談し、売却準備と相続手続きを並行して進めます。

不動産会社に相談する時点では相続手続きが終わっている必要はありません。

売却準備や相続手続きについて相談先の不動産会社にサポートを受けながら、相続から売却の流れを進めることも可能です。

 

基本的な流れは相続手続きをして売却ですが、実家売却を急ぎたい場合は早い段階で不動産会社に相談し、売却準備と相続手続きを同時並行でおこなった方がいいでしょう。

 

■札幌市の実家を売却するときの注意点

 

札幌市の実家を売却するときは注意したいポイントが3つあります。

 

・実家などの遺産分割で揉めたら専門家を頼る

 

実家を含む遺産分割で揉めてしまうと、実家の売却が難しくなります。

相続人の間で遺産分割など相続のことで揉めている場合は相続トラブルを解決することが先決です。

弁護士などの専門家に相談し、相続問題をクリアにしてから売却を進めましょう。

 

・相続時の共有名義だと売却が難しくなることがある

 

相続時に札幌市の実家を相続人の共有名義にすることがあります。

共有名義とは名義人が2人以上の複数人いる状態のことです。

共有名義の不動産は、共有名義人すべての同意がないと売却できません。

相続時に共有名義をして時間が経ってから売却する場合、他名義人の同意が得られないケースや、相続人に連絡が取れないケースなどが考えられます。

売却が難しくなる可能性もあるため、注意が必要です。

 

・札幌市の実家売却では税金にも注意が必要である

 

札幌市の実家売却で利益ができる税金がかかる可能性があります。

相続の場合は遺産なども含め相続税なども関係してきますので、売却時に税金の不安があれば専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

 

最後に

 

札幌市の実家を相続して売却する場合は、まずは遺産分割や相続登記をして、それから売却するという流れです。

売却自体は相続による名義変更をしていないとできません。

ただ、名義変更登記などの相続手続きが完了していなくても売却相談は可能です。

 

あかり不動産は相続した実家の売却相談を承っております。

当社は士業とも提携しているため、相続手続きや税金の不安がある方でもサポートしながら売却のご案内が可能です。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP