今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2019年12月13日 事故物件・訳アリ物件

不動産の媒介契約の3つの種類とは?|札幌の不動産売却

住み替え

戸建は築年数が20年を超えると、ほぼ価値がなくなると言われています。 中には築年数の古い戸建と土地をセットにして「古家付き土地」として不動産売却されることも。 価値がほぼゼロだからこそ、土地とセットで不動産売却するというわけです。
築年数の古い戸建は「価値がない」「価値がないからこそ土地のおまけ」のように扱われがちです。 そのため、築30年の戸建を「売却できない」と勘違いしがちです。 築30年の戸建も、不動産売却方法と不動産会社さえ選べば売却可能です。 築30年などの古い戸建売却のポイントについて解説します。

築30年の戸建を売却する方法とは|白石区の不動産売却

築30年の戸建は、価値がほぼゼロであると言われます。 しかし、価値がほぼないことと売却できないことは、イコールではありません。 築30年の戸建を売却する方法があるのです。
築30年の戸建を売却する方法には、次のような方法があります。
1.土地とセットで不動産売却する 2.不動産買取を使って売却する
築30年の戸建を売却する場合、土地とセットで不動産売却する方法があります。 冒頭でお話したように、「古家付き土地」として、不動産会社の仲介で第三者などに不動産売却するのです。 築30年の戸建に古民家としての有用性などがあれば、稀に戸建にも価値が付くこともあります。 ただ、不動産売却は買い手が第三者になるため、古い戸建は忌避されがちであるというデメリットがあるのです。
もうひとつの方法としては、不動産買取があります。 不動産買取は、築30年の戸建を不動産会社に買取してもらう方法です。 不動産買取では訳アリ物件や築年数の古い戸建なども広く対象になるため、スムーズに売却できる可能性が高いというメリットがあります。

築30年の戸建を売却するポイント|白石区の不動産売却

築30年の戸建を売却するときには、スムーズに売却するためのポイントがあります。 築年数の古い戸建を売却するときには、どのような点に気をつければいいのでしょうか。

ポイント①築30年の戸建について情報を伝えておく

築30年の戸建といっても、不動産は1つ1つ異なった個性を持っています。 築年数の他にも「周囲に住宅が多い」「2階の窓が外れかけている」「庭の手入れをほとんどしていない」など、その戸建にまつわる情報があるはずです。 情報は不動産買取や不動産売却のベースになるので、分かる範囲で不動産会社にしっかり伝えておきましょう。

ポイント②戸建をリフォームしたり更地にすることは必要か

築30年の戸建を不動産売却や不動産買取で売却するときは、リフォームや更地化が必須であると思うかもしれません。 この点については、ケースバイケースになります。 不動産買取の場合は、現状での買取が可能なケースがほとんどです。 「更地にしなければ」「リフォームしなければ」と先に動いてしまうより、不動産会社に相談して築30年の戸建と土地をチェックしてもらった上で計画を提案してもらった方がスムーズになります。

最後に

築30年の戸建は売却できないと思いがちですが、不動産買取などの方法で売却が可能です。 売却では、情報を伝えることや、リフォームなどを要するか否かは不動産会社に相談してから決めることがポイントになります。 築30年の戸建の売却は、あかり不動産にぜひ一度ご相談ください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND

まだデータがありません。

PAGE TOP