今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2020年5月16日 任意売却・債務整理

相続や債務整理の不動産売却で気をつけることは?

税金

不動産売却は「なぜ不動産売却をするのか」という目的に沿って最適な方法を選ぶことが後悔しないための
ポイントです。
相続や債務整理の不動産売却では、何に気をつけて不動産売却方法を選ぶべきなのでしょうか。
あかり不動産が「相続や債務整理で不動産売却するときに気をつけたいポイント」について解説します。

相続で不動産売却するときに気をつけたいポイント

不動産を相続したが、税金や維持管理にお金がかかるため急いで売却したい。
不動産を相続したが、住む予定もなく、空き家として放置するくらいなら不動産売却したい。
相続人の不動産売却金を分割するため不動産売却したい。
このような理由から、相続した不動産の不動産売却を希望する人がいます。

相続した不動産を不動産売却するときは、「売却金をどうするか」「何時まで不動産売却したいか」
を明確にして方法選びをすることが重要です。
たとえば、相続税の支払いのためにまとまった資金が必要で不動産売却するとします。
相続税の手続きには期限があるので、期限に間に合うように不動産売却する必要があるはずです。
不動産売却をする際は不動産会社に相続税のための資金調達であることや、
相続税の手続き期限などを伝えることが重要になります。

不動産売却の中には不動産買取などの方法もあるので、売却し難い立地の相続不動産などは第三者への不動産売却だけでなく、不動産買取などの売却方法も検討することが重要です。
相続人と売却金を分割するなどの事情がある場合も不動産会社に相談し、
「売却金額の高さを優先する」「換金の迅速さを優先する」
などの優先順位をつけた上で不動産売却方法を選ぶようにしましょう。

債務整理で不動産売却をするときに気をつけたいポイント

借金で困っているときによく使われる方法は任意売却ですが、借金の種類によっては
通常の不動産売却(媒介契約による不動産売却)も可能です。

住宅ローンの返済を滞納しており、このままだと競売されそうだ。
このようなときは任意売却が使われますが、友人に借金している(抵当権などは設定していない)などの場合は
通常の不動産売却をして資金調達することもできます。
不動産売却で債務整理をする場合は、債務額や債務の種類、債権者、
担保などの状況を踏まえた上で不動産売却方法を検討することが重要です。

また、債務整理で不動産売却するときは、債務が不動産売却で解決可能か確認することも重要です。
債務整理には自己破産などの法的な手段もあるため、債務状況によっては法的な手続きの方が適切な場合があります。
弁護士などにも相談し、適切な方法を選びましょう。
方法を選ぶ際は、不動産売却や法的な手続きなど、選べる方法を比較することがポイントになります。

最後に

不動産売却は相続や債務整理など目的に合わせて選ぶことが重要です。
一言に不動産売却といっても、媒介や任意売却、不動産買取などの方法があります。
債務整理などは法的な手続きもあるため、弁護士などの専門家にもアドバイスをもらうことをおすすめします。

あかり不動産は士業とも提携している不動産会社です。
債務整理や相続の不動産売却でお悩みのときは、安心してご相談ください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND

まだデータがありません。

PAGE TOP