今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2021年3月10日 不動産の基礎知識

媒介契約と不動産買取はどちらがいいの?|札幌の不動産売却

 

不動産売却には媒介契約を結んで行う手法の他に不動産買取という手法があります。
自宅や収益物件、相続した不動産などを売却したいときはどちらの方法がいいのでしょうか。
札幌の不動産売却で失敗しないために知っておきたい「媒介契約」と「不動産買取」の違いや選び方について
解説します。

札幌の不動産売却の「媒介契約」と「不動産買取」の違い

札幌の不動産売却では媒介契約と不動産買取というふたつの方法がよく使われます。

媒介契約とは、不動産会社と媒介契約を結んで札幌の不動産売却を進める方法です。
不動産売却と言われて一般的に想像する手法がこの媒介契約という方法かもしれません。

媒介契約ではまず媒介契約を結ぶ不動産会社を決めます。
媒介を依頼する札幌の不動産売却に対応した不動産会社に相談のうえで媒介契約を結び、
不動産売却を行うという流れです。
媒介契約を結んだ不動産会社は札幌の不動産の不動産売却のため、宣伝や広告などの売却活動を行います。
買主が見つかったら契約書の準備や買主候補の内覧への同行など、不動産売却のサポートも行うのです。
媒介契約はこのように不動産会社が買主と売主の間に入ってサポートする不動産売却方法になります。

不動産買取とは札幌の不動産の売主と不動産会社が売買契約を結ぶ方法です。
つまり、不動産会社が買主になるため、宣伝広告などで買主を見つける必要がありません。

媒介契約と不動産買取は同じ不動産売却ですが、手法的に違いがあります。

札幌の不動産売却は媒介契約と不動産買取どちらがいいの?

札幌の不動産を売却するときは、媒介契約と不動産買取のどちらがいいのでしょう。

結論としては状況によります。
札幌の不動産の状態や不動産売却金を何時まで調達したいか、
不動産売却の目的などによって適切な方法が変わってくるのです。

・媒介契約で売却し難いときは不動産買取

事故物件や古い不動産などは媒介契約での売却が難しくなります。
不動産買取は事故物件や難ありの物件にも対応していることが多いので、
不動産の状況や事情によって媒介契約と不動産買取を使い分けるといいでしょう。

・札幌の不動産売却を急ぐときには不動産買取

不動産買取による不動産売却は札幌の不動産を早く換金できる方法になります。
買主を探す必要がないからです。
相続などで急に札幌の不動産を入手して維持管理の負担などから早く不動産を手放したいときや、
急いでまとまった資金を調達したいときなどは、不動産売却の中でも不動産買取が向いています。

最後に

札幌の不動産売却には媒介契約と不動産買取などいくつかの手法があります。

媒介契約とは不動産会社がサポートをして第三者の買主に不動産売却する手法です。
不動産買取とは不動産会社が買主になり、不動産会社と売買を行う方法になります。
媒介契約と不動産買取はどちらが優れているというわけではなく、状況や不動産売却の目的、
不動産の状態によってどちらの手法が向くか変わってくるのです。

札幌の不動産売却の手法で迷ったら、お気軽にあかり不動産へご相談ください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP