今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2019年12月20日 不動産の基礎知識

白石の不動産買取|媒介契約を結ぶ不動産売却と買取では何が違うの?

住み替え

不動産売却には媒介契約(仲介)と買取の2つの方法があります。
媒介契約と買取のどちらを選んでも最終的に不動産を売却することが可能なのです。
ですが、2つの方法のどちらを選ぶかによって、金額相場・買主・売却期間の3つのポイントが違ってきます。

不動産を売却したい。
不動産を処分したい。
このようなときは、媒介契約と買取のどちらを選択すべきなのでしょう。
媒介契約と買取の違いを知って方法選択するための基礎知識を解説します。

媒介契約と買取とは|白石区の不動産買取

媒介契約(仲介)と買取は3つのポイントが異なります。
媒介契約か買取かで迷ったら、2つの方法の違いについて比較し、自分や不動産の事情に合わせて選ぶことが不動産売却を成功させる鍵なのです。

媒介契約とは、不動会社を仲介にして、不動産を第三者(買主)に売却するときに結ぶ契約になります。
不動産会社に売却をサポートしてもらい、どのくらいの報酬を支払うのか。
不動産に対してどのような売却活動を行うのか。
媒介契約として結んでおき、不動産売却の指針にすると共に後のトラブルを防止します。
媒介契約には、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つの種類があり、売却活動などに違いがあるのです。
ですが、「不動産会社を介して不動産を第三者に売却するときに媒介契約を結ぶ」という基本事項は変わりません。

不動産買取は、不動産会社が不動産の買主になる不動産売却の方法です。
お客様の感覚としては、中古ショップの買取に近いのではないでしょうか。
買取を実施している不動産会社に「不動産を買取してください」と持ち込む感覚です。
不動産買取では買取査定が行われ、そのまま不動産会社に不動産を買取してもらう流れになります。

媒介契約と買取の3つの違い|白石区の不動産買取

媒介契約を結ぶ不動産売却と買取は3つのポイントが異なっています。

1.買主
2.金額相場
3.売却期間

媒介契約を結ぶ不動産売却の場合、買主は主として第三者になります。
対して不動産買取では、不動産会社が買主になるという特徴があるのです。

金額相場も、不動産買取と媒介契約を結ぶ不動産売却とでは異なっています。
第三者と金額交渉をしたり、より有利な買主が出てくるまで待ったりすることができるため、基本的に売却金額相場は媒介契約を結ぶ不動産売却の方が高めです。

売却期間は、不動産買取の方が圧倒的に短いという特徴があります。
買主になる第三者を探す必要がなく、不動産会社にすぐ買取してもらえるからです。
不動産買取の場合は、最短3日で換金できる可能性があります。

最後に

媒介契約を結ぶ不動産売却と不動産買取は、主に3つのポイントで異なっています。
不動産買取は迅速性に優れる方法で、「すぐに不動産を換金したい」というときに力を発揮する方法です。
状況に合わせて使いわけることが重要になります。

不動産を換金するときにどの方法が良いのか、迷っていませんか。
不動産買取は、白石区のあかり不動産へとお気軽にご相談ください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND

まだデータがありません。

PAGE TOP