今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2020年5月23日 コラム

事業用物件を不動産売却したいときの相談先とは?

 

事業用物件の不動産売却をしたい場合、最初にどこに相談すればいいのでしょうか。 事業用物件売却の相談先について解説します。 合わせて、事業用物件売却の相談先を選ぶポイントもご紹介します。

事業用物件を不動産売却したいときの相談先と特徴

 

事業用物件を不動産売却したいときの第一の窓口は「不動産会社」です。
不動産会社は不動産の売却や買取といった総合的な相談窓口になります。 事業用物件を不動産売却するときの売却方法や売却計画、 売却を進める上での疑問などは不動産会社が相談窓口です。
事業用物件の不動産売却についてさらに専門的な相談をする場合は、まずは第一に不動産会社に相談し、 それから専門家に相談することをおすすめします。 不動産会社を最初の相談先にすることによって、 相談内容から適切な専門家を教えてもらうことができるからです。 また、事業用物件の不動産売却の総合的な相談の場合も、 提携している専門家のサポートを受けられる可能性が高いため、解決の早道になります。

事業用物件売却の相談先を選ぶときのポイント

 

事業用物件の不動産売却をするときの第一の相談先は不動産会社になります。 では、第一の相談先になる不動産会社をどのように選んだらいいのでしょうか。 事業用物件の不動産売却を相談する不動産会社の選び方について、3つのポイントを見てみましょう。
・相談先で事業用物件の取り扱いをしているか
不動産会社の不動産扱い状況には差があります。 事業用物件を扱っていない不動産会社もあれば、事業用物件や収益物件の取り扱いに力を入れている不動産会社もあるのです。 相談先としては事業用物件を扱っており、なおかつ事業用物件の不動産売却に力を入れている不動産会社を選びましょう。
・事業用物件の不動産売却の相談ができるか
事業用物件の取り扱いに力を入れている不動産会社の中にも、 事業用物件の賃貸に力を入れている会社や運用に力を入れている会社などもあります。 事業用物件を不動産売却するのですから、事業用物件の不動産売却に見識があり、 実績もある相談先を選ぶことが重要です。 不動産売却と運用や賃貸は同じ不動産の相談でも内容が違っているためです。
・売却希望の事業用物件が相談先のエリア内か
不動産会社にはエリアがあります。 事業用物件を全国エリアで扱っている不動産会社と、特定の地域をエリアにしている不動産会社があるのです。 注意したいのは特定の地域をエリアにしている不動産会社です。 事業用物件の不動産売却相談先にしたら、所有している事業用物件はエリア外だった。 このようなことがあり得ます。 相談先のエリアは相談前に確認しておきましょう。

最後に

 

事業用物件の不動産売却相談先は不動産会社になります。 不動産会社に第一に相談し、専門的な相談は不動産会社に相談窓口を確認した上で相談すると手間がありません。 場合によっては不動産会社が提携している士業などの相談先を教えてもらうことや、 提携している士業のサポートを受けることなどができます。
札幌の事業用物件のご相談はあかり不動産にお任せください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP