今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2021年6月10日 その他

心理的瑕疵物件とは?売却するための工夫も解説

■心理的瑕疵物件とはどのような事故物件か

 

事故物件の中でも心理的瑕疵物件とは、物件内あるいは敷地内、周辺で事件や事故、自殺、犯罪などがあった物件のことを指します。

 

たとえば不動産内で犯罪があり、人が亡くなったとします。

不動産自体に欠陥はなくても過去に犯罪で人が亡くなったという事実があれば、買主は何もなかった不動産より購入に対して慎重になるはずです。

事件や事故による心理的な要因から「事情を知っていたら購入に慎重になる」「事情を知っていたら購入しない」と買主が感じるような物件が心理的瑕疵物件です。

 

■心理的瑕疵物件を売却するための工夫とは

 

心理的瑕疵物件は買主が買い控える可能性があるため売却の難易度が高くなっています。

しかし心理的瑕疵物件の売却が不可能というわけではありません。

工夫によっては心理的瑕疵物件も売却できます。

 

心理的瑕疵物件を売却するために行いたい工夫はふたつあります。

 

工夫①心理的瑕疵物件を売却する方法を選ぶ

 

不動産売却の方法には「買取」という方法があります。

買取とは不動産会社が心理的瑕疵物件を含む不動産を購入する方法です。

不動産売却といえば仲介契約を結んで買主を見つけて売却という印象があるかもしれません。

不動産を売る方法は仲介だけではなく、不動産会社に買取をお願いするという方法もあります。

買取の場合は心理的瑕疵物件も基本的に問題なく売却可能です。

このように、心理的瑕疵物件でも売却できる方法を選ぶという工夫があります。

 

工夫②心理的瑕疵物件の買取を得意としている不動産会社に相談する

 

不動産会社の中には買取に対応していない会社もあります。

不動産買取に対応している会社にも得意分野や力を入れている分野などがあるのです。

買取を実施している不動産会社の中には別分野に力を注いでいる会社もありますから、心理的瑕疵物件の買取を断られるケースや買取額が下がるケースなどがあります。

不動産会社の中でも心理的瑕疵物件の買取に力を注いでいる会社に相談しましょう。

心理的瑕疵物件をより買取してもらいやすくなります。

また、より適正価格で買取してもらえる可能性が高くなるのです。

 

■最後に

 

心理的瑕疵物件とは事故物件の一種で、不動産内あるいは敷地、近隣で事件や事故、犯罪、自殺などがあった物件のことです。

心理的瑕疵物件も売却方法を選ぶなど、工夫次第で売ることが可能になっています。

不動産買取をしている不動産会社で、かつ心理的瑕疵物件の買取に力を注いでいる会社に相談するなど、工夫して売却しましょう。

 

心理的瑕疵物件の売却・買取はあかり不動産にお任せください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP