今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2021年7月26日 その他

不動産売却で売れないときの対応策は3つ!広告の見直しや囲い込みなど

■不動産売却で家・土地が売れないときの3つの対応策

 

土地や家を不動産売却したいのに買主がまったく見つからない。

内覧の希望や問い合わせすらない。

問い合わせは何件かあったが、問い合わせ以上の話に発展しない。

このように家や土地を不動産売却したいのに進展がない場合は対応策として3つのことを見直す必要があります。

 

対応策①不動産売却の掲示情報や宣伝を見直す

 

たとえば不動産売却の宣伝の文言が不動産の魅力をほぼアピールできていなかったらどうでしょう。

不動産を買おうと思っている人に上手く魅力をアピールできていない可能性があります。

また、掲示している不動産の画像などは、分かりやすく不動産の情報を伝えているでしょうか。

売れないときは見直すことも重要です。

 

対応策②土地や家に設定した不動産売却の価格を見直す

 

土地や家を売却するときは価格を設定します。

価格が周辺の相場や不動産の状態、タイプなどから見て割高であれば買主候補は別の不動産に流れてしまうでしょう。

売れないときは不動産売却価格が割高になっていないか再検討する必要があります。

 

対応策③不動産会社に囲い込みをされていないか見直す

 

売主と買主が同じ不動産会社を利用する場合、不動産会社は双方から手数料を受け取れます。

そのため、買主を自社の顧客の中から見つけて売却しようと他社からの相談を断ることがあるのです。

これを囲い込みといいます。

 

囲い込みのために不動産物件情報サイト「レインズ」に情報を登録しないことや、故意に情報を削除するケースがあるのです。

売れないときはレインズの取引情報をチェックしてみましょう。

 

■不動産売却の内覧はあるが売れないときの対応策は?

 

内覧にやって来る購入希望者はいるのに内覧から先に話が進まない。

このようなケースでは、内覧について見直す必要があります。

内覧から話が進まない場合は以下のふたつのポイントを見直してみましょう。

 

対応策①内覧の前に家を掃除して印象アップをはかる

対応策②内覧時の対応について見直してみる

 

内覧にきた不動産売却の買主候補が汚れた家を見れば印象を悪化させます。

可能な限り良い印象を持ってもらえるように、内覧に合わせて掃除しておくと対応策になります。

 

内覧時の対応についても検討が必要です。

さりげなく近隣の情報を提供したり、家の良いところを見てもらったりすることで買主候補の印象も変わるはずです。

 

■最後に

 

不動産売却で家や土地が売れないときは3つの対応策があります。

囲い込みや不動産売却価格などのポイントを見直してみてください。

また、内覧から不動産売却の話が進まない場合は、内覧時の印象や対応などを見直す必要があります。

それぞれの対応策について順番に検討してみましょう。

 

不動産売却で売れないと困っているときはあかり不動産へご相談ください。

一緒に対応策を考えてみませんか。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP