今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2021年10月12日 コラム

相続不動産は売るか貸すか?メリット・デメリット比較

■相続不動産は売るか貸すか?売るメリット・デメリット

 

相続不動産を売るメリットは「売却金が手に入ること」「相続不動産を維持しなくて済むこと」です。

相続不動産など不動産を売ると、まとまった資金が手に入ります。

売却金は相続人の生活費に使ってもいいでしょうし、医療費や事業費、学費などに充ててもいいでしょう。

不動産の買い替え資金に使うことや、相続人間での現金分割に使うことも可能です。

 

相続不動産を売るか貸すか迷って売る選択を選べば、今後の維持費が不要になります。

固定資産税などを払わずに済みますし、家の修繕費や庭の植物の剪定にかかる費用なども負担する必要はありません。

相続不動産を使わないのであれば、まとまった資金入手や維持管理の負担をなくすために売却した方が良いでしょう。

 

■相続不動産は売るか貸すか?貸すメリット・デメリット

 

相続不動産を売るか貸すか迷ったら、貸すという方法もあります。

相続不動産を貸す方法とは、賃貸物件として貸して賃料収入を得る方法です。

 

相続不動産を売るか貸すか迷ったときに貸す場合、「賃料を得られる」というメリットがあります。

相続不動産を貸すデメリットは「維持管理をしなければいけない」ことです。

 

賃貸は賃料収入を得られるという点で魅力があるのですが、税金や不動産の維持費がかかります。

貸す以上は使える状態で維持しなければならないのが原則です。

賃料が10万円で維持費に月あたり15万円かかれば、結果的に損をしている計算になります。

大規模な修繕が発生した場合は赤字が出てしまうなど、問題点もあります。

賃貸運用の知識があり、運用で利益を得られる可能性がかなり高い場合をのぞいて売却した方が赤字回避という点では安心です。

 

また、相続不動産を貸すか迷っている場合は、そもそも借り手が決まらないリスクも考えておくべきです。

借り手が見つかりそうにない場合(地域に賃貸住宅が多数余っている場合など)、賃料で赤字を相殺できない場合、賃料と維持費が相殺されてゼロになってしまう場合などは、維持の負担やマイナスを考えて、相続不動産を売却した方がいいでしょう。

 

■最後に

 

相続不動産を売るか貸すか迷ったら、どちらの方がよりメリットがあるのか考えて決めるべきです。

同時に、どちらの方がよりデメリットが小さいかも考える必要があります。

相続不動産の立地や状態にもよりますので、「どちらがより得か」を判断するために、不動産の近隣情報などもふまえて判断することが重要です。

 

判断に迷ったらあかり不動産へお気軽にご相談ください。

売るか貸すか迷ったときに相続不動産をどうすべきか、より良い方法を提案させていただきます。

 

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP