今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2021年10月29日 その他

投資用マンションのローン返済苦で売却したい!よくある事例とは?

■投資用マンションのローン返済苦でよくある事例とは

 

投資用マンションのローン返済苦でよくあるのは次のような事例です。

 

事例①家賃で投資用マンションの返済をするつもりが空室によりローン返済苦に

 

投資用マンションを購入するとき「家賃収入が入る」ということしか頭にありませんでした。

空室について甘く考えていたのです。

そのため、実際に投資用マンション購入後に空室が出てしまい家賃収入がなく、ローン返済苦に陥ってしまいました。

住人の家賃滞納などにより収入が落ちてローン返済苦に陥るケースもあります。

 

事例②投資用マンションの修繕費や原状回復費用がない

 

投資用マンションの修繕や原状回復には多額の費用を要するケースが少なくありません。

費用捻出が難しいからと修繕や原状回復を放置してしまうと、投資用マンションの住民が退去する可能性があります。

雨漏りを修繕しなければならないのに「費用がない」と修繕を後回しにした結果、住民が退去してしまうケースなどがあるのです。

しかし、修繕・原状回復の費用を準備すると、今度は返済まで資金が回らなくなるという悪循環に陥り、ローン返済苦の状況になってしまいます。

 

■投資用マンションの売却などローン返済苦を解決する方法

 

投資用マンションのローン返済苦で悩んだら不動産売却で解決する方法などがあります。

 

投資用マンションを売却し、売却金で残債を清算するという流れになります。

ただし、投資用マンションのローン返済苦で悩んだときの売却では、投資用マンションの売却見込み額が残債より少なくなるケースも珍しくありません。

債権者をどのように説得して協力してもらうか、投資用マンション売却金で精算できなかった残債をどうするかが問題になります。

 

■最後に

 

投資用マンションのローン返済苦によくあるのは、空室や滞納などで家賃収入が下がって返済に困るケースなどです。

原状回復や修繕費に資金を回した結果、ローン返済苦に陥るケースも少なくありません。

 

投資用マンションのローン返済苦の解決策には不動産売却があります。

ただ、闇雲に売却すればいいわけではありません。

債権者との交渉や清算、残債の処理などをきちんと考え、計画を立てて進めることが重要になるため、すべての不動産会社ができるわけではありません。

 

投資用マンションのローン返済苦で困ったらあかり不動産へご相談ください。

売却計画の立案など、より良い解決のための提案をさせていただきます。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP