家の売却査定で値段が上がるポイント/下がるポイントとは?

家の売却査定で値段が上がるポイント/下がるポイントとは?
今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2022年2月9日 コラム

家の売却査定で値段が上がるポイント/下がるポイントとは?

■家や土地の売却査定で査定額が上下するポイント/家や土地関係

まずは家や土地に関係する売却査定額が上限するポイントについてお話しします。

家などは築年数や間取りなどである程度の査定額が決まると勘違いされることもありますが、間取りや築年数は売却査定額に関係するポイントのひとつでしかありません。

築年数などの他にも売却査定額に関係するポイントがあるのです。

 

・家の中で売却査定額の上下に関係するポイント

 

家の中の設備の状況や配管の状態、オール電化かどうかなども売却査定額に影響する可能性があります。

家の場合はこの他に内外の壁の状態や家の中の動線(使いやすさ)、傾きなどがないかどうかも売却査定額に影響するのです。

状態が良好であれば売却査定額が上がる要因になり、反対に状態が思わしくない場合は下げるポイントになります。

 

・土地そのもので売却査定額の上下に関係するポイント

 

ある程度の広さがあり、道路に出やすく不整形地でない場合は売却査定額がアップするポイントになります。

反対に道路に出にくく土地のかたちがいびつであるなどの場合は、一般的に売却査定額が下がるポイントになるのです。

 

土地の場合は地目や土地の状態なども売却査定に影響するポイントになります。

たとえば土地の状態が良い場合はすぐに利用できる可能性が高いわけですし、費用をかけて土地を整える必要はありません。

よって、土地の状態が良好な方が売却査定では価格アップにつながりやすいといえます。

■家や土地の売却査定で査定額が上下するポイント/家や土地以外

家や土地の売却査定額には、家や土地以外の要因も関係してきます。

 

・家の周辺環境で売却査定額に影響するポイント

 

家の立地や日照、家の周囲の環境などが売却査定額に影響します。

たとえば、家の立地が便利でアクセス良好などの場合は売却査定額がアップするポイントになりますが、アクセスが不便であり周辺に工場があって静かな暮らしができないなどの事情がある場合は、売却査定額が下がるポイントになるわけです。

 

・土地の周辺環境で売却査定額に影響するポイント

 

土地の場合も周辺環境や立地などが売却査定額に影響します。

たとえば、繁華街などの立地にあれば店の敷地として活用しやすくなります。

そのため、売却査定時にプラス評価される可能性があるのです。

■最後に

家や土地の売却査定額は家そのもの、土地そのものだけでなく、他にいくつもチェックポイントがあります。

チェックポイントを理解することで、売却査定時に「なぜこの金額なのか」を理解しやすくなるはずです。

また、不動産会社から売却査定額の説明を聞くときに、その不動産会社がどのポイントを重視しているか理解しやすくなることでしょう。

査定時のポイントは知っておいて損はありません。

 

家や土地の売却査定はあかり不動産にお任せください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP