チャレンジ価格とは?相場より高くマンション売却したいときは価格設定が重要

チャレンジ価格とは?相場より高くマンション売却したいときは価格設定が重要
今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2022年7月9日 コラム

チャレンジ価格とは?相場より高くマンション売却したいときは価格設定が重要

 

マンション売却では定価は存在しません。

世の中には同じ立地・条件・築年数・デザインのマンションはないからです。

マンション売却ではマンションごとに売却価格を設定することになります。

しかし、マンションに定価が存在しないのであれば、どのように価格を決めたらよいのかが問題です。

マンション売却時の価格設定について解説します。

■マンション売却における価格設定の重要性

 

マンション売却のときの価格設定は売主と不動産会社が相談して決めます。

マンション売却では定価はありません。

しかしながら相場は存在しますので、基本的に相場や過去の売却事例といった情報を参考にマンション売却価格を決めることになるのです。

 

マンション売却の際は価格設定が重要になります。

 

たとえば、相場よりマンションの売り出し価格がかなり高かったとします。

相場より高すぎると買主が「他の似たようなマンションより高い」と買い控えてしまう可能性があるのです。

結果、買主が見つからず売れ残ってしまうことがあります。

 

反対にマンション売却の際に相場よりかなり安い価格設定をしたらどうでしょう。

買主は「相場よりお得だ」と感じるでしょうから、買主は見つかりやすくなります。

しかし、相場よりかなり安い価格設定をしてしまうと、マンションという財産を正当な価格で売却できず後悔が残る可能性があります。

売主は「損した」と感じることでしょう。

 

マンション売却の価格設定は「売りやすさ」「売主が正当な価値に見合った売却金を手にできるか」に関わってくるため、相場や売主の希望なども踏まえてよく考えて決めるべきです。

 

■マンション売却では相場を参考にチャレンジ価格を決める

 

マンション売却の価格を決める際はチャレンジ価格など3つの価格も参考にします。

 

・最低価格

・売れるだろう価格

・チャレンジ価格

 

最低価格とは「最低でもこの価格で売れなければ困る」という価格のことです。

たとえば、マンション売却の売主が「2,000万円以下では売りたくない」と希望していたとします。

このケースでは最低価格が2,000万円になります。

 

売れるだろう価格とは相場などを考えたうえで「この価格ならマンション売却できるだろう」という価格のことです。

たとえば、先の最低価格2,000万円のマンション売却で相場を踏まえて「2,300万円で売ることが可能だろう」と判断できれば、この2,300万円が売れるだろう価格になります。

マンション売却の価格を決める際に参考にする3つの価格の中では相場価格と言い換えてもいいでしょう。

 

チャレンジ価格とは「このくらいで売りたい」という希望価格のことです。

最低価格が2,000万円で売れるだろう価格が2,300万円のマンション売却ケースで「2,500万円以上で売りたい」という希望があれば、その希望額がチャレンジ価格になります。

この場合は2,500万円がチャレンジ価格です。

 

チャレンジ価格など3つの価格や相場は値引きの際にも参考にします。

■最後に

 

マンション売却では価格が重要です。

価格によって売却がスムーズに進むかどうかが決まると言えるでしょう。

相場やチャレンジ価格、プロの経験や知識も参考に価格を決めることがポイントです。

 

また、マンション売却では売却方法をよく検討することも重要です。

マンション売却では価格を決めて仲介で売却する他に買取で売る方法もあります。

よりニーズに合った方法でマンション売却を進めた方がいいでしょう。

 

当社は買取に力を入れる不動産会社です。

札幌のマンション売却のことならお任せください。

 

札幌のマンション売却はあかり不動産へお気軽にご相談ください。

 

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP