今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM7:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2019年9月2日 住み替え・買い替え

不動産の「住み替え」と「買い替え」の違いとは?

相続不動産 税金

不動産について調べていると、「住み替え」と「買い替え」という言葉が出てきます。
不動産の住み替えと買い替えは、一体どんな意味なのでしょうか。
住み替えと買い替えに意味的な違いはあるのでしょうか。
不動産の知識として知っておきたい「住み替え」と「買い替え」という2つの言葉の意味について解説します。

住み替えと買い替えの意味と違いは?

「住み替え」とは、住居を換えることをいいます。
転職や結婚、転勤、退職など人生の転換期に、現在の住居から新しい住居へと換えることを「住み替え」といいます。
住み替えをするためには、新しい住居を見つけなければいけません。
そのため、住み替えをするときは、古い住居を引き払い新しい住居に移り住むための引っ越しや、古い住居を売却し新しい住居を購入するなどの、不動産売却や契約をともなうことが多くなっています。
何らかの理由によって古い住居から新しい住居へ換わることを「住み替え」というのです。

では、買い替えはどうでしょう。
「買い替え」とは、今住んでいる住居を売却し、新しい住居を購入して住み換えることをいいます。
基本的に古い住居の売却は、予定をあわせてワンセットで行うことが基本です。
基本的に住み替えと買い替えは、ほぼ同じような意味で使われます。

不動産会社に対して古い不動産から新しい不動産に移りたいという要望を伝えるときは、どちらの言葉を使っても差し支えないのです。
不動産会社が相談者のニーズを把握するときは、住み替えや買い替えについてさらにヒアリングを行いますので、最終的に相談者と不動産会社が足並みをそろえることができれば問題ありません。

住み替えと買い替えはローンでも似た意味で使われている

今の住居を売却して新しい住居を購入して住み換える。
こんなときに欠かすことのできないサービスが、金融機関の提供するローンです。
今まで住んでいた住居の売却金を元手に新しい住居を購入することもあります。

ですが、大きな額が動く不動産の売買においては、多くの人が金融機関の住宅ローンなどの不動産系ローンを活用しているのが現状です。
住み替えや買い替えを予定しており、使えそうなローンを探しているときも、住み替えと買い替えは同じような意味で使って差し支えありません。
金融機関によってローンの名前が異なるため、A銀行では「住み替えローン」という名前で提供していることもあれば、B銀行では「買い替えローン」という名前で提供していることもあります。
不動産会社や金融機関に相談すれば、買い替えや住み替えのときに使えるローンについて案内を受けることが可能です。

最後に

住み替えと買い替えは、大よそ同じような意味で使われます。
大切なことは、住み替えと買い替えを悩んで使い分けることより、不動産会社に住み替えや買い替えのニーズを正確に伝えることです。
住み替えや買い替えを希望している相談者には、より良い住み替えや買い替えを実現するために、ヒアリングを行います。

ヒアリングのときに、住み替えや買い替えへの希望をはっきりと伝えることがポイントです。
住み替えや買い替えのご相談は、実績の豊富なあかり不動産にお任せください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM7:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND

まだデータがありません。

PAGE TOP