今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM7:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2019年6月28日 遺産相続・財産処分

相続不動産の遺品整理とは?時期や注意点などについて解説します

相続不動産

不動産を相続したときには、残された遺品を整理する必要があります。これは単なる処分作業
ではなく、自身の心の整理にも繋がります。
ここでは、相続不動産の遺品整理について、時期・方法・注意点などについて解説していきま
す。
ぜひ、遺品整理のときの参考にしてください。

相続不動産の遺品整理とは?

相続不動産の遺品整理とは、故人が残した遺品を整理することです。また、部屋を現状通りに綺麗にすることも指します。
思い入れのある品を残して供養したり、価値のある財産を仕分けしたりと、1つ1つの品物を丁寧に見て整理していく必要があります。

不動産を共有財産として相続人全員が相続したのなら、相続人全員で行うのが一般的です。
そのときにかかる費用は全員で公平に分担し、立会などが必要であれば、近くに住む親戚などが行うのが良いでしょう。
なるべくトラブルにならないように、遺品整理のときには、相続人全員で慎重な話し合いが必要です。

相続不動産の遺品整理をする時期は?

遺品整理をする時期は、四十九日法要を終えてからが一般的です。法要で親族全員が集まっているタイミングで行えば、話し合いもできるのでスムーズです。
なによりも、遺族の方の気持ちが整理できたタイミングが一番です。遺品整理を無理に早く行う必要はありません。

相続不動産の遺品整理は業者に頼むのが一般的

相続不動産の遺品整理は、業者に依頼することが多いです。
業者に依頼すれば、半日または1日で終えることができます。
女性や高齢者には難しい大型家具の移動も、お願いすることが可能です。
また、孤独死などで体液や血液が付着している場合は特別な清掃が必要となりますから、業者に依頼しないと厳しいでしょう。

遺品整理を業者に依頼すると、費用がかかるのがデメリットです。
費用の算出方法は、「部屋の面積から算出されるケース」や「使用したトラックの台数」などさまざまです。
事前に見積もりを出して検討しておくと良いでしょう。
同時に、依頼できる範囲なども確認しておけば、「ここまでやってくれると思ったのに!」といったトラブルも防ぐことができます。

相続不動産の遺品整理をするときの注意点

遺言書があるかを確認する

遺言書は法的な効力がある重要な書類です。
遺品整理をする前に、遺言書がないかどうかをしっかりと確認してください。

遺品整理前には親族へ連絡を

もしも遺品整理をしているときに価値のある物を見つけた場合、それは「遺産」となります。
相続人で相続をしなければならず、そこでトラブルに発展する恐れもあります。
遺品整理をする前には親族へ連絡をしておき、遺産が見つかったらしっかりと話し合うようにしましょう。

相続放棄を予定している人は、遺産整理をしてはいけない

遺品を処分してしまうと、相続を承認したと判断されてしまいます。
もしも相続放棄をする予定があるならば、遺品整理を行う前に手続きをしましょう。

まとめ

悲しみの中で遺品整理をするのは辛いものがありますので、気持ちが落ち着いたときに行うのがベストです。
一般的には業者に依頼することが多く、時間や労力の節約にも繋がります。
また、遺品整理は相続人同士のトラブルの元にもなります。親族同士でしっかりと話し合いをしておくことが重要です。
相続不動産についてお困りの事があれば、是非あかり不動産へご相談ください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM7:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND

まだデータがありません。

PAGE TOP