今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM7:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2019年7月27日 遺産相続・財産処分

相続不動産を空き家にすると税金が高くなるの?

相続不動産 税金

相続不動産の相続によって予期せぬ税金が発生してしまうと、相続人の生活に大きな打撃があります。
相続不動産を空き家にすると、税金が高くなることがあるのか。
相続不動産に住んでいるかどうかで税金関係が変わってくるのか。

これは、相続人にとって重要な問題です。
相続不動産の税金について、特にご相談の多いポイントをまとめました。

相続不動産を空き家にしても税金がかかるの?

相続不動産の税金についての疑問の中でも、特に基本的な疑問になります。
相続不動産に誰も住んでおらず、空き家にしていても税金が課税されるのでしょうか。
この点については「課税される」が正解です。
相続不動産を空き家にしていても、税金は課税されます。
相続不動産を空き家にしていても、不動産を所有しているだけで固定資産税の課税対象になるのです。
地域によっては都市計画税も課税されることに。
相続不動産を空き家にしていて、その不動産を売却した場合には売却利益に対しての課税があります。

また、空き家にしている相続不動産も財産の1つ。
相続不動産も財産の1つである以上、相続税が課税されることもあります。
このように、相続不動産を空き家にしていても、税金がかかるのです。
不動産は、空き家にしているか、人が住んでいるかに関わらず、税金問題とは切っても切れない関係にあります。
相続によって相続不動産を取得する場合は、早めに税金対策をしておくことが重要です。

相続不動産を空き家にしておくと税金が高くなる?

相続不動産を空き家にしておくと、税金が高くなることがあるか。
この相続不動産の税金についての疑問についてはどうなのでしょうか。
この点については「相続不動産を空き家にしておくと税金が高くなる可能性がある」が答になります。
空き家にしておいても、固定資産税などの税金が発生することはすでにお話しました。
この空き家にしておいた相続不動産がきちんと管理されていない場合、税金が高くなってしまうことがあるのです。

多くの相続不動産は住宅用地の特例を使っています。
この特例により、固定資産税などの負担を軽減している状態です。
しかし、空き家についてきちんと管理がなされていないと判断された場合、特例を適用してもらえない可能性があります。
空き家についてきちんと管理がなされていないと判断される可能性があるのは、次のようなケースです。

1.相続不動産が倒壊しかけている
2.相続不動産が著しく景観を損ねている状態で放置されている
3.相続不動産の汚物の異臭が酷い
4.空き家について獣や虫が繁殖している。

相続不動産の管理状態によっては住宅用地の特例が使えなくなってしまい、結果的に税金が高くなる可能性があるのです。

最後に

不動産と税金が切っても切れない関係にある以上、空き家や相続不動産についても税金対策が必要ではないでしょうか。
相続不動産を空き家にしている。
相続不動産が空き家になる可能性がある。
このような、相続不動産や空き家、税金についての疑問や不安はあかり不動産にご相談ください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM7:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND

まだデータがありません。

PAGE TOP