今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2020年12月8日 不動産の基礎知識

不動産売却方法「仲介」と「買取」の違いや利点/欠点とは?

 

不動産売却方法には大きくわけて「仲介」と「買取」があります。
どちらも不動産売却方法ですが、特徴やメリット、デメリットが異なっています。
納得できる不動産売却をするためには、ふたつの不動産売却方法を使い分けることが重要です。
不動産売却方法「仲介」と「買取」の特徴やメリット、デメリットをあかり不動産が解説します。

不動産売却方法の違い|仲介と買取

まずは不動産売却方法「仲介」と「買取」の違いについてお話しします。
仲介(媒介)とは、不動産会社が買主と売主の間に入る不動産売却方法です。
不動産会社が間に入りサポートするため、仲介という名前で呼ばれています。
仲介の基本的な流れは、売主が不動産会社に相談するところからスタートです。
売主との仲介契約に従い、不動産会社は売却する不動産の宣伝や広告、営業活動などもおこないます。
買主が見つかると不動産の説明や内覧などをおこない、売買契約のサポートなどもするのが仲介です。
対して不動産売却方法の買取は、不動産会社が買主と売主の仲介に入る方法ではなく、 不動産会社が買主になる不動産売却方法になります。
買主が不動産会社ですから、仲介のような宣伝や広告、営業活動はおこないません。
不動産買取を希望する売主と相談のうえで不動産売却を進めるのが買取になります。
仲介の特徴は、不動産会社がサポートに徹する不動産売却方法であること。
買取の特徴は登場人物が不動産会社と売主だけで、不動産会社が買主になる不動産売却方法であることです。

法人の仕訳に必要な不動産売却の「売却日」とは

不動産売却方法「仲介」と「買取」には、メリットとデメリットがあります。
・不動産売却方法「仲介」のメリットとデメリット
不動産売却方法「仲介」のメリットは、不動産会社が買主を見つけてくれることや、
売買をサポートしてくれるところです。
不動産売却の知識がなくても不動産会社のサポートがあるため、
スムーズに手続きを進められる売却方法になっています。
また、売主に有利な価格設定や買主探しもできるため、
できるだけ高く売りたいときにメリットのある売却方法でもあります。
デメリットは買主を見つけなければならないため時間がかかることと、
買主が必ず見つかるわけではないという点です。
不動産会社に不動産の売却をサポートしてもらうため、仲介手数料がかかる点もデメリットになります。
・不動産売却方法「買取」のメリットとデメリット
不動産売却方法「買取」のメリットは、不動産会社が買取するため、買主を探さずに済むことです。
仲介は売却資金を入手するまで時間がかかります。
しかし買取の場合は相談の時点で売主が決まっているわけですから、売却までスムーズです。
不動産売却金は、早ければ数日程で入金されます。
不動産会社が買主になるため、仲介手数料がかからないこともメリットです。
買取のデメリットは、相場より買値が安くなりがちなところです。
不動産の状況やタイプ、立地によって売却価格が変わってきますので、
まずは不動産会社に査定してもらうといいでしょう。

最後に

不動産売却方法には「仲介」と「買取」があります。
仲介と買取は同じ不動産売却方法ですが、特徴やメリット、デメリットが違います。
メリットやデメリットを比較して、ニーズに合った不動産売却方法を選ぶことが、 不動産売却で後悔しないためのポイントです。
不動産売却方法選びはあかり不動産へお気軽にご相談ください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP