今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2021年3月31日 コラム

札幌の不動産売却に必要な仲介手数料や諸費用をおさえるコツ

 

札幌の家や土地を仲介により不動産売却するときは仲介手数料がかかります。
また、仲介手数料以外にも諸費用が必要になるのです。

仲介手数料や諸費用について考えずに不動産売却を進めてしまうと、
売却が済んでから「売却金が目減りしてしまった」と後悔する可能性があります。
生活費や医療費、教育費、事業費など資金調達が目的で札幌の不動産売却をした場合、
仲介手数料や諸費用が割高になると必要金額を調達できないかもしれません。
不動産売却金でより多くのプラスを得るためにも仲介手数料や諸費用について理解することは重要です。
札幌の不動産売却の仲介手数料や諸費用をおさえるコツを解説します。

札幌の不動産売却に必要な仲介手数料や諸費用とは

札幌の不動産売却の際は仲介手数料がかかる可能性があります。
仲介手数料とは不動産売却を「仲介」で行うときに必要になる手数料で、法律で上限が決まっています。

200万円以下/取引不動産価格×5%+消費税
200万円超400万円以下/取引不動産価格×4%+消費税
400万円超/取引不動産価格×3%+消費税

仲介手数料は仲介で札幌の不動産売却を行ったときに不動産会社の宣伝広告や契約のサポートなど、
買主と売主の間を取り持つサポート(仲介)の手数料として払われます。
したがって間に不動産会社が入らない不動産買取などでは仲介手数料は発生しません。

仲介手数料の他に札幌の不動産売却では諸経費がかかります。
諸経費は不動産売却ケースによってさまざまです。
たとえば建物を解体して不動産売却する場合は解体費用が必要になります。
建物をクリーニングして売る場合はハウスクリーニング費用がかかり、
測量が必要なケースでは測量費用がかかるのです。
このように、諸費用は「どのように札幌の不動産売却を進めるか」によってケースバイケースで増える傾向にあります。
あらかじめ不動産会社と相談しておきましょう。

札幌の不動産売却で仲介費用や諸費用をおさえるコツ

札幌の不動産売却で仲介費用や諸費用をおさえるためにはどのようなコツを留意すればいいのでしょう。
仲介手数料や諸費用をおさえるコツは3つです。

・仲介手数料がかからない不動産買取などで札幌の不動産を売却する
・不動産売却で使える控除や特例は忘れずに使う
・諸費用が発生する事項については見積もりなどで確認を徹底する

仲介手数料は仲介でかかる手数料ですから、別の不動産売却方法も検討してみてはいかがでしょう。
また、諸費用の中には税金などもありますので、
札幌の不動産売却の税金をおさえるために特例や控除で使えるものを確認しておいて忘れずに使うことがコツです。
この他に諸費用が発生する事項については見積もりをチェックして、料金の内訳などを不動産会社側に確認しておくこともポイントになります。

最後に

札幌の不動産売却では仲介手数料と諸費用に注意する必要があります。
不動産売却にかかる諸費用などが増えてしまうと、その分だけ不動産売却のプラスが目減りするからです。

札幌の不動産売却で後悔しないためにも、そしてより多くのプラスを手元に残すためにも、
仲介手数料や諸費用をおさえるコツに留意して不動産売却を進めましょう。
仲介手数料や諸費用についても不動産会社に相談してみてください。

札幌の不動産売却はあかり不動産にお任せください。

札幌の不動産売却はあかり不動産にお任せください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP