今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2021年8月4日 コラム

札幌の戸建て収益物件売却で後悔しないために失敗談から学ぶ【事例】

札幌の戸建て収益物件売却の失敗事例①

 

札幌の戸建て収益物件の失敗売却事例としては「費用を拠出した後の売却」があります。

 

札幌の戸建てが経年により修繕が必要になりました。

今後も収益物件として運用する予定でしたし、戸建てには人が住んでおり賃料収入もある状態です。

賃料収入も含めて計算すれば、戸建て収益物件の修繕費は回収できるようでした。

 

札幌の戸建て収益物件のオーナーは、戸建て収益物件の修繕を行いました。

しかし、ここで誤算があります。

修繕後の戸建て収益物件の住人が退去してしまい、戸建て分の賃料収入がなくなってしまったのです。

賃料収入から修繕費を回収しようと計画していたため、修繕費の回収もできなくなってしまいました。

賃料収入は収益物件のオーナーにとって大切な収入減ですから、生活も不安定になってしまうという誤算もありました。

 

また、収益物件を維持するためには修繕費用だけでなく税金や修繕以外の維持費なども考えなければいけません。

札幌の戸建て収益物件のオーナーは不動産を売却することにしました。

しかし、戸建て収益物件を売却しても修繕費や維持費などのマイナスを回収できず、結果として収益物件の運用は失敗してしまいました。

 

このように、売却タイミングによっては収益物件のマイナスを回収できない可能性もあります。

利益を得るために戸建てを運用しているわけですから、最終的に大きなマイナスを出してしまっては、オーナーにも後悔が残るのではないでしょうか。

 

札幌の戸建て収益物件売却の失敗事例②

 

札幌の戸建て収益物件売却の失敗事例には「短期の売却」もあります。

 

札幌の戸建て収益物件を家庭の事情や維持管理が面倒になったなどの理由から短期で売却処分してしまったのです。

札幌の戸建て収益物件を短期(所有期間5年以下)で売却してしまうと、税率が高くなってしまいます。

4年を超えて5年以下のタイミングで札幌の戸建て収益物件を売却すると、あと少しの期間売却を待てば長期所有(5年を超える)税率が適用されたのにと後悔するケースが少なくありません。

 

短期所有後の売却と長期所有後の売却では、税金はかなり違います。

 

短期所有での売却 / 所得税30%、住民税9%、復興特別所得税2.1%

長期所有後の売却 / 所得税15%、住民税5%、復興特別所得税2.1%

 

短期での売却と長期での売却で税金が違うことを知らず、あるいは考えず札幌の戸建て収益物件を売却してしまい、後悔するケースがあります。

 

最後に

 

札幌の戸建て収益物件を売却するときは、収益を得るためにも売却タイミングが重要です。

タイミング選択を間違えると失敗事例のように税金が高くなってしまったり、修繕費などのマイナスをカバーできなくなったりします。

札幌の戸建て収益物件の売却はタイミング選びに注意しましょう。

 

札幌の戸建て収益物件の売却はあかり不動産へお気軽にご相談ください。

最適な売却タイミングを提案いたします。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP