今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2021年2月24日 住み替え・買い替え

札幌の不動産売却の登記費用は売主が負担するの?

 

札幌の不動産売却では登記の手続きが必要になります。

登記は法務局で行う手続きです。
登記により札幌の不動産の所有権を売主から買主に移転させたり、
買主に不動産を渡す前に売主が抵当権を抹消したりします。
不動産を誰が所有しているか。
不動産にどのような権利が付着しているか。
不動産が担保(抵当)になっているか。
このような情報を得るためにも登記は重要な手続きです。

札幌の不動産売却ではどのような登記費用が発生するのでしょう。
また、登記費用はすべて売主が負担しなければならないのでしょうか。
札幌の不動産売却で必要な登記費用について説明します。

札幌の不動産売却で必要になる登記とは?

札幌の不動産売却で必要になる登記は次のふたつがあります。

なお、以下の登記手続きはあくまで一般的な不動産売却でよく必要になる登記手続きです。
不動産の状況によってはこの他の登記や手続きが必要になる可能性もあるため注意してください。

札幌の不動産売却時の登記はそれぞれの不動産の登記情報で確認可能です。
不動産売却は登記の状態を確認して行います。
登記についてわからないことがあれば不動産会社や司法書士に確認しておくといいでしょう。

・札幌の不動産売却の抵当権抹消

不動産売却時の抵当権抹消とは、抵当権(担保)を消すための登記です。
住宅ローンなどで金を借りるときは、返済が難しくなったときのために担保を用意します。
担保としてよく使われるのが不動産です。
不動産を担保にするときは、抵当権設定の登記をして「この不動産は担保にしっています」という
情報を確認できるようにしておくのです。
不動産売却時に対象の不動産に抵当権が設定されている場合は抵当権の抹消登記を行うのが基本です。

・札幌の不動産売却の所有権移転

所有権移転登記とは売主から買主へ不動産の名義(権利)を移すための手続きです。
札幌の不動産売却で所有権移転登記をすることによって
不動産の権利が売主から買主に移転したことが分かります。

札幌の不動産売却の登記費用は売主負担なのか

札幌の不動産売却の登記費用の負担については厳密に決められているわけではありません。
登録免許税法では登記を受ける者が2人以上のときは連帯して登記費用を負担すると定めるに留まります。

札幌の不動産売却では、抵当権抹消の登記費用は一般的に売主が負担します。
所有権移転登記の登記費用は基本的に買主の負担です。
ただ、これはあくまで慣習に過ぎません。
所有権移転登記も含めて登記費用を売主がすべて負担しても差し支えないのです。
登記費用の分担については、後のトラブルを防ぐためにも、
札幌の不動産売却をサポートする不動産会社にも確認しておきましょう。

最後に

札幌の不動産売却では登記手続きが必要になります。
登記の際は登記費用も必要です。

登記費用の負担は売主と買主が折半したり、登記の種類に応じて負担したりします。
ただ、あくまで慣習によるもので厳格なルールはありません。
登記費用について疑問があればトラブル防止のためにも不動産会社に確認しておきましょう。

札幌の不動産売却はあかり不動産にお任せください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND
PAGE TOP