今すぐ無料査定する 電話 011-799-0575
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
2020年6月22日 不動産の基礎知識

札幌の古い戸建の耐用年数はどれくらい?法定耐用年数と家の寿命

札幌の古い戸建を所有している場合、「家の耐用年数はどのくらいなのか」
「どのくらいの年数、住めるものなのか」と疑問に思うことがあります。
食べ物などは賞味期限が表示されているため目安にできますが、
札幌の家の場合はそのような表示がないため、耐用年数が気になるところです。

札幌の古い戸建の耐用年数はどのくらいなのでしょう。
法定耐用年数と家の寿命について、あかり不動産が解説します。

法定耐用年数や家の寿命とは

札幌の古い戸建には「法定耐用年数」と「寿命」の2つがあります。
法定耐用年数と札幌の古い戸建の寿命は異なりますので、まずは2つの意味について確認しておきましょう。

法定耐用年数とは、札幌の古い戸建の減価償却に使われる年数です。
税金などの計算に使う、計算上や価値の寿命だと考えればわかりやすいかもしれません。
法定耐用年数は、木造の戸建は22年。
鉄筋コンクリート造は47年になっています。
札幌の古い戸建によって法定耐用年数が違っているのです。

古い戸建の寿命は、法定耐用年数とは異なります。
法定耐用年数はあくまで札幌の不動産の計算上の寿命です。
法定耐用年数により札幌の不動産の価値が変わるだけで、実際の古い戸建の寿命とは関係ありません。

札幌の古い戸建の実際の寿命は22年ではなく、不動産の扱い次第となります。
札幌の中には古い戸建住宅に22年を超えて住んでいるお宅もあるので、
実際の寿命は戸建て住宅のメンテナンス次第ということになるのです。
メンテナンスによる札幌の古い戸建は住める状況で存続していれば、22年を超えても寿命ではありません。
実際に古い戸建が50年持てば、寿命は50年。
メンテナンスしながら70年住めれば、寿命は70年ということになります。

法定耐用年数を超えた古い戸建は不動産売却できるのか

札幌の古い戸建の価値は時間の経過とともに減ります。
法定耐用年数を経過した段階でほぼゼロになってしまうのです。
きちんとメンテナンスしていた札幌の古い戸建でも、法定耐用年数を超えた段階で
「不動産売却は無理だろう」と諦めてしまうかもしれません。
実際は、そのようなことはありません。

札幌の古い戸建の場合でも、土地も含めて価値が見出されることは少なくないのです。
また、不動産売却には仲介や不動産買取などの手法があります。
仲介によって第三者に売却することが難しくても、
不動産買取によって不動産会社に買ってもらえる可能性があるのです。
法定耐用年数を超えた札幌の古い戸建も、状態や土地、立地などによって不動産売却できます。

最後に

札幌の古い戸建には、法定耐用年数と実際の寿命があります。
法定耐用年数は、いわば価値の寿命です。
法定耐用年数は税金などの計算に使われ、年数が経過するごとに価値が低くなって行きます。
対して実際の札幌の古い戸建の寿命は、法定耐用年数にとらわれることはありません。

札幌の古い戸建は不動産売却できないと思いがちですが、そのようなことはありません。
どのような売却方法が適切なのか。
どのくらいの価格で売却できるのか。
札幌の古い戸建の売却見積もりを取得してみてはいかがでしょう。

札幌の古い戸建の売却は、あかり不動産にお任せください。

無料査定 ご相談
 お気軽にお問合せ下さい。

お急ぎの方は、ご相談をいただいてから 3日以内で現金化させて頂きます。至急おおよその金額を知りたい方は、お電話又はホームページからご依頼下さい。半日で簡易査定させて頂きます。
※状況により買取出来ない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

メール 今すぐ無料査定!
AM9:00~PM6:00 定休日:不定休 TEL011-799-0575
RECOMMEND

まだデータがありません。

PAGE TOP